Blog

この仔は猟犬として元飼い主に無性の愛で
接していたはずです。

飼い主の言う事を忠実に守り
飼い主が喜べば、この仔も同じ喜びでいたはずです。

猟犬としての意識などあるはずもなく
本能のまま、飼い主に利用され獲物を追いかけ続けていたのでしょう。

そして、ある日突然飼い主に棄てられ
食べる物もなく、どうやって帰れば良いのかも
わからず何日も彷徨い歩いたのでしょう。

↑写真出展元:「PEWRSアニマル

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: ペットファミリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー