Blog

メキシコ生まれのラナが兄弟と一緒にトロントのシェルターに連れてこられた時はまだ仔犬でした。それ以来短期間ずつ、いろいろなフォスター家族に預けられましたが、問題は特にありませんでした。5歳のとき、ひきとってくれる家族が現れたのですが、ラナの所有物への執着が理由で戻されました。ラナがレスキュー・センターに戻された日の写真を見てください。頭を低く下げ、壁にもたれ、悲しみで心が張り裂けそうになっているよう

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: ペットファミリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー