Blog

実母からのモラハラを自覚し始めると

保育園でできたのはババ友

 

相手に理解を期待するのをやめにしたら

 

不思議にも、わたしの周りに

モラハラやしんどい母娘関係について

理解してくれる人たちが、現れ始めた。

 

わたしは、ネットで検索した情報や

こころのサポートセンターウィズの冊子から

モラハラの心理構造について知った。

 

正しい知識や当事者の体験談は、チカラになる。

 

自分や相手の状況を客観視できて

視野が広がり、心のアンテナの感度が上がる。

 

 

ある時、ママ友たちとお茶していて

「出戻って、実家に帰っている」

と打ち明けてくれた、ママ友Bさんがいた。

 

Bさんが自分から、話してくれた

家庭内での出来事や家を出てきた時の

くわしい様子を聞いていて

 

「それってもしかして、モラ夫?」

思わず、わたしは言葉を漏らした。

 

Bさんは、驚いた表情で

「モラハラ、何で知ってるの?!」

と前のめりになって、互いに距離が縮まった。

 

立ち尽くしていたスクランブル交差点で

ずっと探していた人を、人波に見つけて

駆け寄った時のような気持ちだった。

 

モラルハラスメントという概念を提唱したのは

マリー=フランス・イルゴイエンヌ

日本でが出版されたのが1999年。

 

Bさんと出会った当時、2007年頃なので

モラハラについて広まり始めていた時期だろう

けど、まだまだ知らない人が多かったと思う。

 

Bさんの場合は

乳幼児健診で、こどもがひっかかり

こどもの発達を診た健診医に

DVの可能性があると見立てられたことで

モラハラについて知り、自覚したとのこと。

 

Bさんは、わたしに本を貸してくれた。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー