Blog

同居する実母の悩みが大きくなって

自分ひとりでは抱えきれなくなった。

 

お義母さんにも

メールや電話で話を聞いてもらっていた。

居住地の保健センターの

心の相談室なども利用してみた。

 

それでも

 

解決の糸口は見つけられない。

 

Nさんの言葉で

諦める選択肢を得たわたしは

心のガス抜きに意識を向けるようになった。

 

失望感に包まれるのは、もう嫌だ。

相手に理解を期待するのは、やめにしよう。

 

わたしは、真綿で首を絞めるように

悪気なくふんわりと、攻撃してこないか

おしゃべりする相手の反応を、見定めつつ

 

軽い浅い世間話で、パンパンになった心の

ガス抜きをするようになっていった。

 

とにかく

 

座敷婆との接触を減らすことに努めた。

 

首が座り、お座りができるようになり

順調に育ってくれた、次女の成長に伴い

 

午前中は、スーパーやホームセンターへと

買い物をはしごしたり

 

次女のお昼寝が終わったら、午後は早々と

長女の通う保育園に迎えに行った。

 

長女と次女を保育園で遊ばせながら

わたしも、ひと息つけるようになった。

 

そうして

 

引っ越してきてまもなく出産して

友達のいなかったわたしにも

 

園庭に通ううちに

親しく話をするママ友ができた。

 

かなり

 

充満していたガスで、頭のネジがぶっ飛んだのか

初対面のママ友相手に、言わなくていいことまで

ベラベラしゃべってしまった、わたし。。。

今思えば、完全にヤバイ奴だ(-_-;)。

 

だけど

 

これがきっかけになって

何のつながりもなかったママ友と

上っ面の話だけではない深い話が、自分自身の話が

できるようになっていった。

 

座敷婆の愚痴を否定せずに聴いてくれる相手ができ

わたしは、ホッとできる時間が持てるようになった。

 

おまけに

 

そのママ友は、座敷婆の話を聞くにつれて

「私の実母も似ている」と言うのだ。

 

互いに理解しあえる関係になって

同い年のこどものママ友として、だけでなく

いわゆる毒親の実母を持つ、ババ友ができた。

 

こんなふうに

 

わたしの身に起こったことがモラハラと知って

モラハラへの認識や理解が深まっていくと

 

不思議なことに

 

わたしは、わかり合える人と出会うようになった。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー