Blog

昨年、1年間に2回の入院手術をした長女の

厄落としをしたという話。

 

長女、16歳の誕生日の朝でした。

 

長女が、体の異常に気付いたことに始まり

町医者での診察から大学病院での診断、病気の

詳細が分かっていくほどに、再発や後遺症など

最悪の事態を、家族で心配しました。

 

初めての手術が無事終わり、安堵したところに

退院後の検査で、違う部位に異常が見つかり

悩んだ末に、2回目の手術を決めました。

 

長女にとって、2回の入院手術は

心身ともに大きな不安と負担になりました。

 

病院から術前の説明で、手術時には血栓予防の

ための着圧ハイソックスを履く、と聞いていて

 

1回目に買って履いたハイソックスが、家に残って

いたので、2回目は、買わずに済ませたものの

 

わたしは、何だか2回目のために残しておいたような

そんな感じになって、後々モヤモヤしてきて。。。

 

「このハイソックスに3回目の出番を与えてはならない」

「験が悪い!こんなもん捨ててしまえ!」

 

と、思うようになっていました。

 

そこでわたしは、2回目の手術後、長女に聞きました。

暗に、長女からの「もう要らん」という返事を期待して

「このハイソックス、また使いたい?」って。

 

ちょっと遠回しに、訊ねたわけです。

「長女の人生に、また手術する予定はありますか」と。

別の言い方をすると、長女に

「病気になりたいか」と、意思確認をしたのです。

 

そしたら、長女は・・・

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー