Blog

噴き出した怒りを抱えながら

わたしはまた悩み始めた。

 

話が通じない、気持ちをわかり合えない人の

背景には、一体何があるのだろう?

 

ネットで、モラハラ関連の記事等を検索したら

モラハラをする人の中には、発達障がいや人格障がいの

可能性があると、書かれていた。

 

わたしは、母へのかすかな違和感に白黒つけたくて

近くで診てもらえそうな病院まで探し始めた。

 

けれど

 

座敷婆を病院に連れて行くのは、現実的に困難だし

70代間近で障がいと診断されたとして、一体何になる?

 

母は40代から同じことをくり返し言う人だったから

すでに、認知症かもしれないのに。

 

「母は、なぜ、こうなのか」

この問いに、自分を納得させる答えを

見つけることも叶いそうになかった。

 

心の傷が剥き出しになったまま

肚の底に、怒りを、葛藤を、抱えたまま

落としどころもないまま

 

乳幼児2人の子育て期で、母親として主婦として

1日の生活を回していくので精いっぱい。

 

世間話でガス抜きしようとしても、わたしの悩みは

多くの人に理解されず、失望感に包まれるばかり。

 

そんなある時

 

身近で、親との関係が悪くて悩んできたNさんの

話を聞く機会があった。

この人なら、わたしの苦しさがわかってもらえる

のではないかと思った。

 

Nさんは、わたしの話を黙って聞いてくれて

話し終えたわたしの顔を覗き込んで言った。

 

「いとうさん、あきらめ」。

 

Nさんの辛い体験から絞り出された言葉だった。

 

あ、あ、諦める?

そんな選択肢があるの?

諦めてもいいの?

わたしは、諦めてもいいの?

 

わたしは、わかり合えることを前提にして

悩み続けてきたことに、気づいた。

いつか、母が変わることを信じていた。

 

でも、その、いつか、は来ることはない。

障がいや病気、原因はなんであれ

わかり合うことを期待されるのは

座敷婆にとっても、酷なのだ。

 

世の中には、気持ちがわかり合えない人が存在する。

この事実を、わたしは自分に言い聞かせ始めた。

 

と同時に

 

「何事も諦めてはいけない」

「最後まで諦めるな」

「人間は必ずわかり合える」

 

自分の心に刷り込まれた呪縛を解き始めた。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー