Blog

母とわたしたち家族が同居を始めて

半年たっても1年たっても

母とわたしの関係は落ち着かないまま。

 

それどころか、娘たちの成長とともに

祖母と孫との関係ができ始めて

悩む範囲が広がり、問題はより複雑に。

 

母の言動は、モラルハラスメントで

点滴石を穿つ精神的DVであることを知り

わたしのせいではないのだと気づいた。

 

自分の心が傷ついていることを自覚すると

こどもの頃から抑圧していた感情たちが

心の奥から溢れ出した。

 

そして

 

一致団結した感情たちは

母に対する、強く激しい怒りとなった。

 

わたしの人生を返して。

 

母がわたしにやってきたことを

認めさせたい。

謝らせたい。

 

わたしがどれほど傷ついているのか

わからせてやりたい。

やり返したい。

 

でも

 

この怒りをぶつけてみたところで

けっして母には伝わらないことを

わたしは知っている。

 

不毛なやりとり。

エネルギーの無駄遣い。

無力感の強化。

行き場のない感情。

 

幼い娘たちの前では

怒りの感情を見せるのがためらわれ

肚の底に怒りを隠し持って

日常生活をこなしていた。

 

心の傷つきや怒りの感情を吐いたり

母の、座敷婆の話ができるのは、夫だけ。

 

夫は、よく話を聞いてくれたし

座敷婆とは、まともなコミュニケーションが

取れないことも、わかってくれていた。

だけど、わたしの訴えを

十分に理解してくれたとは思えなかった。

 

仕事で昼間いない夫は、同居していても

座敷婆の生態が、本当にはわかっていない。

 

夫と娘たちが居る時には、見せない姿があるし

夫のイメージする「わかり合えない人」を

超えていることが、なかなか伝わらない。

 

わたしはわたしで、うまく話せなかった。

40を過ぎてやっと、心の傷を自覚したところで

なかったことにしてきた感情や傷つきを語る

言葉はたどたどしく、時に矛盾することを言う。

 

わたしの心は、抑圧か爆発、両極しかないのだ。

溢れだした感情たち、噴き出した怒りを

どう扱ったらいいのか、わからなくて

 

話が通じない、気持ちをわかり合えない座敷婆は

発達や人格の障がい、病気じゃないだろうか。

 

自分を納得させる答えを、必死になって探して

わたしの頭の中は、座敷婆に占領されていった。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー