Blog

今、『生活に活かす人格適応論』

という本で、人格適応論を勉強中。

 

人格適応論は

交流分析をベースにした

自己分析や他者理解をするための

性格心理学です。

 

本から以下の文章を抜粋します。


人は誰でも人生の初期に、親に自分の存在を認めてもらうために様々な適応を試み、快適に過ごすために有効な適応法を身につけ、成人になっても実行する』とし、

 3つの「心理的に生き延びるための適応型(0歳〜1歳半の間に表れる」)と

 3つの「行動上の適応型(1歳半〜6歳の間に表れる)」の、

 計6つのタイプに、人格の特徴を分類しました。


適応型の特徴を知って

自分の生き癖に気づくことで

生き方をより良く、より幸せな人生に

変えていくきっかけになります。

 

『生活に活かす人格適応論』(平松みどり・編著)

と同時に、たまたま

『あふれでたのはやさしさだった』(寮美千子・著)

という本を読みました。

 

この本は、奈良少年刑務所の受刑者の少年たちが

作家、寮美千子さんの「絵本と詩の教室」をとおして

変化していく姿が描かれている実話です。

 

リンクしました!

 

彼らが、過酷な環境を生きていくために

身につけた心の鎧が、適応タイプなのでしよう。

 

彼らは、絵本や詩を学ぶことで

心が癒され、本来の自分に戻っていきます。

そんな姿が、関係者の温もりを感じる

言葉や描写で、丁寧に綴られています。

 

そして、彼らには

なかなか声の出ない子がいるのです。

 

リンクしました!

 

わたしの、9月のブログ記事に重なります。

 

安心で安全な場所がなかった子たちは

気持ちが出せない、自分とつながれないのです。

 

自分が誰かに受け容れられることで

安心して自分の気持ちを表現できる。

 

自分が自分を受け容れることで

初めて自分につながることができる。

 

場の力ってすごい。

言葉の力ってすごい。

人がまっすぐ伸びようとする力に変わるんだ。

 

ひとりとして変わらない子はいなかった。

と、著者は書いています。

 

わたしも、人が本来持っている力を

心底信じたい、信じようと思いました。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー