Blog

とっさの時に大声出せる?って

わたしの20代半ばの、怖かった体験を

書いていたら、他にも

声が出せなかったことがあったのを

思い出した。

 

障害者施設で働いて、1、2年目の頃です。

年度末に総括会議というのがありました。

年度始めに立てた方針や目標に照らして

1年間の活動を振り返る会議です。

 

会議の最後に、職員がひとりずつ

1年間の感想を言う時間があって

わたしの番になったんだけど

何もしゃべれなかった。

 

会議といっても

毎日一緒に仕事をしている人ばかりで

堅苦しい場でもないのに。

 

自分の感じたことを話そうとしては

生唾を飲むばかりで、声にならなくて。

結局ひとことも発せないまま。

 

その後、どうやって会議が終わったのか?

その出来事を、どう自己分析したのか?

はっきり憶えてない。

 

恋のセンサーの反応点


そもそも自分が感じていることに気付かない。

自分がなにか感じているけれど、それがなにかわからない。

感じたなにかがわかっても言葉にすることができない。

感じたことを言葉にできても口から出せない。


と、書いてます。

 

20歳前後のわたしは

自分のことが嫌で嫌でたまらなくて

今の自分は本当の自分じゃないと否定し続けて

ありのままの自分にオッケーが出せなくて

自分の気持ちを素直に感じることができなかった。

 

どうしようもなく心が傷ついた時も

「これくらい平気、平気」

と、自分の気持ちをごまかしてきた。

 

声を出そうとして出せない時って

 

自分に気づかれることもなく

心の奥底に沈めてきた気持ちが

溜まりに溜まって口からあふれでそうになっても

気持ちを感じることを許さない自分が

喉を絞めつけ、表現させまいとする。

素直に感じたことが喉まで出かかっても

けして言葉にはならない。

 

そんな感覚でした。

 

そんな感覚は、今思うと

体からのメッセージ、だったんだな。

 

「もう、限界だよ」って。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー