Blog

毎年、8月が終わりに近づくと

Iさんを思い出します。

 

この人がいなかったら、わたし

どうなっていたのだろう。

 

わたしたち母娘に

積極的に関わってくれて

具体的な行動で

わたしを助けてくれた恩人。

 

母にとっても

引っ越し先で初めてできた友達で

心を許せる特別な存在だったと思う。

 

 

10年前の夏

認知症の症状が出始めた母の

終の棲家を探すため

わたしは奔走していました。

 

母にこの話をしようと思うと

見捨てられ不安の強い母の反応が

手に取るように想像がついて

話す前からしんどくなった。

 

そもそも

昔っから対話が成立しない人なうえに

同居後は、気に入らないことがあれば

すぐ「田舎に帰る」と言う母。

 

わたし1人では

母を連れ出すのは困難でしたが

サービス付き高齢者住宅の見学を嫌がる母を

「私も見たいもん」

と、?さんが上手に誘ってくれて

3人で見学に行くことになりました。

 

案の定、見学先では責任者の方を前にして

気に入らないところを並べ立て、毒づき

「ここは施設や。施設には絶対入らへんっ」

頑な母に、苛立つ娘。

 

見学の帰り、車の中で口論を始める母娘に

「なんでこんなことになるの、2人ともやめて」

いたたまれなくなったIさんが

「ちょっと、車停めて」

と言って、わたしと母を置いて行った。

 

戻ってきたIさんが

「まあまあ、2人とも、これでも食べな」

と、差し出したのが、〇村屋の小豆バー。

 

スーパーの駐車場に停めた車の中で

3人で食べる小豆バー。

 

Iさんの優しさが心にしみて。。。

 

小豆バーを見るとIさんを想い

Iさんを想うと小豆バーが浮かびます。

 

86歳のIさんが亡くなったのは

その夏の終わりでした。

 

わたしの人生史上、一番泣いた日でした。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー