Blog

わたしが、こどもの時から悩んできた

自己嫌悪から抜け出せたきっかけは

 

「自己嫌悪こそ傲慢である」という言葉でした。

 

ハードル、上げ過ぎてない? の記事で

 

自分の短所や失敗に対して注意や指摘を受けると

自分のすべてを否定されたようにしか思えなくて

 

必要以上に、傷ついたり自分を責めたり、逆に

開き直るような傲慢な態度をとったりして

自己嫌悪に陥るというパターン。

 

と書きました。

 

50代を前に、自分の育て直しを始め

自己嫌悪感や自己否定感を克服する

ヒントを探していた頃のメモが

2015年の手帳に残ってました。

 

引用元がわからないのですが

自分の思考を改める強い刺激になったので

シェアします。

 


「自己嫌悪は傲慢である」

 

自己嫌悪は一見反省しているようで

事実を認めていないのと同じだから

改善が起きてないのである。

 

同じ失敗を繰り返さないためにも

まずは事実(自分)を受け入れ

前向きに取り組むことが大事である。

 

自分を責める時→

「こうするべきだったのに、

なぜ自分はできなかったのだろうか」

 

一見反省して謙虚に見えますが、

自分が出来なかったことを受け入れない

姿勢こそが傲慢な思考である。


 

ガビーン!! 当時、かなりの衝撃でした。

反省して自己嫌悪していると思ってたのに

謙虚の真逆?!やったなんて。。。

 

けど、出来ない自分を認めるの、怖かった。

自分がなくなってしまいそうで、怖かった。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー