Blog

〜難関突破〜した実家の問題について

整理しておきたいことが、まだあります。

今年度中にスッキリしたいので

つらつらと書いてみます。

 

賃貸にしていた実家の入居者Mさんの

家賃滞納がわかってからというもの

わたしはずっと気に病んでいました。

 

家賃が入れば安心できるわけではなく

悩みの根幹はお金ではなかったのです。

 

わたしを襲う言いようのない不安感を

やっと言語化できた時には

「寄生」

という言葉が出てきました。

 

約束を守らない、場当たり的なMさんが

家賃を払ったり、払わなかったりしながら

ずるずると住み続けるのではないか。

 

過去にも、別の相手に

似たような恐怖を感じたことがあります。

 

これって理屈ではなく、感覚です。

これが、悩みの根幹でした。

 

わたしの感じている不安や恐怖は

夫に、全然伝わっていなかったし

友人に、実家の話をしてみても

お金や解決手段についてが

話の焦点になるので、まったく

わたしはすっきりしませんでした。

 

退去通告後1カ月たっても

Mさんから連絡はありません。

 

電話では埒が明かないので

Mさんとのやりとりはメール。

 

「すいません、すいません」

と、口先で謝るおんなじ人です。

 

「お願いします、お願いします」

と、くりかえすだけのMさんに

行動を起こしてもらうために

 

家賃の安い物件の情報を添付したり

物件のちらしや内覧に行った写真を

送るようにお願いしました。

 

脅したり詰めたり労ったり諭したり

する文章を夫がメールで送りました。

 

返信されてくるMさんの短い文章から

歩んでこられた人生をうかがい知りました。

 

死別、離散、母娘、障がい、低所得。。。

 

わたしは、社会的弱者であるMさんを

退去させようとしていました。

 

でも、この機会を逃して先延ばししたら

退去してもらうのは、もっと難しくなる。

 

わたしが、早く早くと焦る気持ちを出すと

いくら契約だからといって即日退去は無理。

Mさんにだって、準備期間は必要だろう。

正論で、夫に諫められました。

 

〜そんなこと、わかっている。

 だけどもうこれ以上、我慢できない。

 これは、単なるわがままなのか。 

 不安や恐怖を抱えていたくないという

 わたしの気持ちは尊重されないのか。〜

 

行き場を失った

〜わたしの気持ち〜に、怒りが渦巻いて

「早く出て行って!!」と想うと

心がどんどん苦しくなっていきました。

 

その苦しさから逃れることができたのは。。。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー