Blog

今年の最難関と思われた

実家問題がほぼ解決しました。

ここ2年、月末に向かうと憂鬱でした。

 

早く決着をつけて

持ち時間の質を上げたいと思っても

裏庭の草引きほど簡単ではなかったのです。

 

わたしたち家族と同居する時に、母は

実家を賃貸物件にして引っ越してきました。

わずかながら家賃収入がある実家を

母が亡くなって、わたしが相続しました。

 

ちょうど2年前、入居者の滞納がわかり

不動産管理会社への不信感もあって

管理会社との契約を解除しました。

夫婦で管理することにしたのです。

 

家賃を値下げすることで、さかのぼって

滞納分の家賃の金額を回収することにして

月末から1日でも家賃の入金が遅れたら

即退去していただく内容で、入居者と

契約を交わして、仕切り直しました。

 

わたしは、交渉ごとが大の苦手なので

夫が入居者とのやりとりをしてくれましたが

この入居者が、なかなかに難儀だったのです。

やはり入金は遅れがちで油断ならないのです。

 

月末締めだと遅れたら、すぐアウトになるので

25日締めにして、事前にメール連絡も入れて

早めの振込を促す努力をしてきましたが

今年、11月分の家賃が遅れました。

 

10月24日に「振込みました」とメールがあり

口座を確認したら入金されていません。

「入金されていません」と夫がメールしたら

言い訳と「明日振り込みます」との返信。

そんなやりとりを月末まで何回も繰り返して

「1日でも月をまたいだら退去してください」

と念押ししているのに、11月1日に入金。

 

入金が遅れたことより、こちらとしては

入居者に会って生活状況を聞き、値下げまでして

入居してもらえるように考慮したにも関わらず

さんざん嘘をつかれたことで、さすがにもう

これ以上はおつきあいできないと思いました。

 

そしてまた、退去通告をしてからが大変でした。

内容証明郵便とメールのやりとりだけで

弁護士を雇わず、解決にこぎつけたのが奇跡。

 

でも、荷物のない部屋を見るまで信用できなくて

それが、退去の立ち合いまでに至りました。

ほんま、よかった、、、胸をなでおろしました。

後になってどっと疲れが出ました。

 

年内には、解決したとブログに書くぞと

心に決めていたことが、どうにか間に合いました。

これが今年最後の投稿です。

 

無事新年が迎えられそうです。

お正月はグダグダになる予定ですので

初投稿は1月4日以降になると思います。

 

年末のお忙しい中

『わたしにあるもんで。』をお読みいただき

ありがとうございました。

 

それでは、よいお年をお迎えください。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー