Blog

実母と同居して2年目のクリスマスは

実母である座敷婆がサンタクロースだった。

 

当時、長女は3歳、次女は1歳。

クリスマスやサンタの存在を知り始め

何でももらって喜んでくれる年頃。

 

クリスマスを前にして、座敷婆が

クリスマスプレゼントを買ってあげると

言ってきた。

 

わたしは、母にモノを買ってもらうのが

ものすごく嫌だったが、買う相手は孫。

孫を可愛いと思ってのことだろう。

 

その気持ちは拒めないなと思ったので

それではお言葉に甘えて、と

サンタクロースをお願いした。

 

クリスマスの朝

こどもたちはプレゼントを見つけて

大喜び。

 

もふもふしたキティちゃんの赤い手提げバッグ。

ピンクのニット素材のマイメロのショルダーバッグ。

しかも、大きな、お菓子入りの赤いブーツもある。

 

年齢や好みに合ったグッドなチョイス。

 

長女も次女も、それはそれは喜んで

プレゼントを抱きしめて

「サンタさん、ありがとう!」

とお礼を言っている。

 

わたしも夫も、嬉しそうなこどもたちが微笑ましく

「サンタさんにプレゼントもらえてよかったなあ」

と、一緒になって喜んでいた。

 

座敷婆も、笑っていた、、、いたのに

 

突然、表情が変わり

「フン、なんやのっ、私が買うてやったのに」

不満たっぷりに言い放った。

 

わたしと夫は

座敷婆の声をかき消すために

意味のない叫び声をあげて必死でごまかした。

その声は、こどもたちの歓喜の声にまぎれて

こどもたちには届かず、事なきを得た。

 

自分に感謝してほしかったサンタ婆。

 

けどなあ

クリスマスの主役はこどもで

サンタクロースは脇役、黒子なんだよ。

 

クリスマスに期待していたもの

裏切られてきたわたしにとって

 

こどもの夢をぶち壊す行為は

想定内っちゃ想定内だったけどね。

 

翌年から、サンタ婆が現れることはなかった。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー