Blog

サラリーマンに向いていないなら

あなたは、どうしていたいの?

 

この問いに対する答えならば

すでに出ています。

 

「好きなことだけしていたい」

これがわたしの本心です。

 

あ、あああーー!

こんなおばちゃんになってから

言うてもうたーーー。

 

「ええ年の大人が何言うてんの?」

そう思われますかね?

 

「この先の人生、そう甘くないよ」

そう言われますかね?

 

「そんな自分勝手は許されないよ」

そう諭されますかね?

 

「好きなことだけしていたい」

そう思っている自分に気づいたのは

新卒で就職してからかな。

 

30代、40代になっても

転職や自分の将来を考えるたびに

湧いてくる思いでした。

 

そしてその思いは

現実逃避の言葉として口にされて

夢物語に終わるのです。

 

仕事や人生について、人と語ると

 

「好きなことだけしたいなあ」

「そうそう、誰だってそうやん」

「それって理想やなあ」

「せやけど現実はなあ、、、」

 

たいてい、こーんな流れになります。

 

社会に出ると

 

好きなことだけしていられない。

それが組織で働くということ。

 

嫌なことや辛いことはあって当たり前。

それが世間に揉まれるということ。

 

だから

 

ここから逃げてはいけない。

 

イッツ ア スモールワールド

ぬくぬくと生きてきた

わたしにも

 

自分には絶対無理だと感じた時には

全力で逃げ切ってきた

わたしにも

 

「逃げてはいけない」

という信念があったのでしょう。

 

生き辛さの原因もわからず

何とか今いる社会に居続けるために

転職を続けてきたのかな。

 

最近では

 

好きなことを仕事にする人や

いろんな働き方や生き方をする人が

増えてきているようだけど

 

まだまだ

 

サラリーマンとして働くことや

その働き方をメインにした生き方を

積極的に、あるいは、消極的に

選んでいる人の方が多いはず。

 

淡々とサラリーマンをやっている人を前に

必死にサラリーマンをやっている人を前に

 

大マジメに

「好きなことだけしていたい」

なんて言えなかった。

 

わたしの根っこにあった思いを

ありのまま認めることができたのは

3年くらい前。

 

きっかけは、長女でした。

 

続く

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー