Blog

わたし、1度だけですが

オーラを見たことがあります。

 

・・・座敷婆(実母)のオーラです。

 

それは

同居を始めて3年目に入る頃

娘たちの保育園の運動会の日。

 

家族5人で出かける予定でした。

 

わたしは

朝からお弁当を作って

1歳と4歳の娘の身支度で

手いっぱい。

 

早くしないと

開会式に間に合わない。

早く出ないと

駐車場に車がとめられない。

 

時間的にも段取り的にも

夫がいないと困る状況なのに

ギリギリまで寝ている夫に

イライラを募らせていました。

 

さあ、もう車に乗って出発できる!

という時になって

2階から母が下りてきました。

 

開会式のマーチングに長女が出ます。

「遅れたらみんなに迷惑かける、、、」

わたしは焦燥感に襲われます。

 

「ああ、もうこれ以上待てない!」

わたしは、階段の途中にいる母に

「悪いけど、後で電車で来て」

と言って、家族4人で車で出発しました。

 

母は保育園には行ったことがあります。

保育園は、我が家の最寄り駅から2駅先で

駅から10分程度ゆるい坂を上ります。

 

「開会式に遅刻するから、ごめん」

ぐらいのことは言ったと思いますが

 

わたしには

細かい説明をする余裕も

母に配慮をする気持ちも

ありませんでした。

 

車で保育園に向かったわたしたちは

ギリギリ開会式に間に合って

無事、車もとめることができました。

 

夫婦で園児たちの演技を見ていた時です。

 

小さな運動場越しに

観覧席の間を進んでくる物体が

わたしの視界に入りました。

 

モヤがかかったような黒っぽい塊り。

 

え?何あれ?

 

わたしは、人差し指で両目をこすりました。

そして、目を凝らして見た先に

その、黒い塊りの中に、母がいました(驚)

 

黒い塊りはどんどん近づいてきます。

 

怒っています、見るからに怒っています。

声も顔も爪先から頭のてっぺん、髪の毛に至るまで。

 

普段から感じている

母の怒りのエネルギーを視覚化するなんて

わたし、第3の目が開いたのか?と

思ったものの、後にも先にもこれ1回限り。

 

夜逃げ旅行もそうでしたが

 

一緒に暮らすからこそ起こるすれ違いや

身近にいるからこそ感じる期待はずれの

できごとのひとつひとつが

母の孤独感、疎外感を助長させていった

のだろうなあと思います。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー