Blog

勉強会でワーク、自分用の覚え書き。

 

自分の気持ちにゆっくりと触れていく

プロセスをフォーカシングという。

 

創設者、ユージン・ジェンドリン。

(心理療法家・哲学者)

カール・ロジャースと共同研究。

 

研究の中で

気持ちに触れながら探索的に自分のことを話せる人は

カウンセリングが成功しやすいことを見出す。

 

言葉でうまく説明できないけど

確かに感じられる、感じ

→フェルトセンス

 

モヤモヤしていたことに

あるとき気づきを得る

→フェルトシフト

 

フォーカシングのやり方

焦点を自分の内側に向けて観察。

身体の感覚を感じてみる。

→実際のワーク

 

参考書籍

・「ジェンドリン哲学入門」

・「フォーカシングへの誘い」

・「心のメッセージを聴く」

 

 

諸富祥彦先生の書籍

「孤独であるためのレッスン」に

フォーカシングについて記載あり。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー