Blog

1+1=2みたいな考え方で視るのなら、それは少し話したぐらいで埋まらないし、たくさんの時間や労力を費やしても、そう簡単に埋まるとは思えない。私には。 まだ、そこまでの器量は養えていないから、プライオリティは置きたくない。 各々が各々のココロのままに向上をしていけば良いのだと思う

posted at 22:59:28

陰陽を含めて嘘のないカタルシスだけが欲しいと思っているから。

posted at 22:09:30

私は、痛みを忘れたくない、という選択を望んでしている。 その先を観たいと願い望んでいる。

posted at 21:56:15

正直で、真っ直ぐ故の巧みさ 正直な職人の巧みさを思い出させられる

posted at 21:37:56

言い知れようのない不安だから、突き動かされて、突き動かないと動かなかった、のほほんとしたところをカバーしていく 苦笑いなバランスとでも言うのか

posted at 21:36:40

(一部修正・加筆) 忘れてはならないと感じることも→忘れてはならない陰の側面も 共にあるんだよ→、陰も陽もワンセットで共にあるんだよ。 ふっと、空っぽになると入ってくる内からの気づき。

posted at 21:24:57

(一部修正・加筆) 赦しと自由→赦しと自己肯定と自由

posted at 21:16:08

かけがえのない大切な存在 自分の生命にだって替えても良いと いつでも思えるほどの存在 理不尽に不条理に掠め取られ 自らの存在すらも潰され兼ねない あの痛み 痛みなんてありきたりな言葉で 到底 言い表せられるものではない そのスパイラルが社会から消えたわけでも 昇華されているわけでもない

posted at 21:14:49

人は、常に赦しと自由を求めるけれど、同時に、忘れてはならないと感じることも思い出そうと、ココロが叫ぶ時がある。 それが意識的であれ、無意識的であれ、全身を覆うような痛みであれ……。 哀しみも喜びも共にあるんだよ。

posted at 21:08:13

月日をかけて、透明っぽくなりかけているところに、逃れられない濁点が1つ生じて、それがココロの内の波紋として広がり覆われる波や渦。 泥まみれの時は、大したことなかったように感じていた渦。 それだけのこと。

posted at 20:53:05

痛みを、辛さを痛感してきたからと言っても、必ずしも他人の痛みや辛さがワカルわけではないけれど 風邪になったことがなければ、骨にヒビが入ったことがなければ、その痛みや辛さは、おそらく想像も出来ないだろう。

posted at 20:45:46

平和に穏やかに暮らせているのは、とても良いのだけど 突き刺さるような痛みが、少しずつ少しずつ鈍化していくのも、それはそれで良いのだけど 時に、全身を覆う骨に刺さるような不安な事柄がやってくると、痛みの実感を思い出せるのも、それもまた良い。

posted at 20:17:05

@_alumonde_ ジンジン来ますね😁‼️

posted at 18:08:40

ものによっては「完成」させようと思わなくても良い、という方向性もある。 「未完」を積み重ねていくことで伝わり、感じさせるものは想定を越えたりする。

posted at 11:15:17

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: はくう ー 白空@言葉のカケラ(@hakuuxyz) - Twilog


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー