Blog

ずっと持ち続けていた

印象的な絵。

 

お母さんの似顔絵は

もう捨てました。

 

 

その絵は

おばあちゃんちに預けられていた

保育園の年長の時に

わたしが描いたもの。

 

わたしは

保育園のホールに貼られた

園児たちが描いた絵を

眺めていました。

 

「わたしの絵・・・みんなと違う・・・」

 

年長児ながら違和感を感じて

その場に佇んでいたことを

今でも憶えています。

 

違和感といっしょに、その絵を

40代まで持ち続けていました。

 

チャンスがあれば

その絵の心理分析をしたい

とまで思っていました。

 

わたしの40代前半というのは

同居した実母との関係に悩み苦しみ

必死でもがいていた時期。

 

当時、幼児教室の講師として働いていて

週1回の勤務は、長時間ひとりになれる

ほっとできる時間でした。

 

思わず口からこぼれ出てしまったのか

ある時、先輩講師のK先生に

実母との関係に悩んできていることを

話しました。

 

そして、元小学校教師でベテラン講師の

K先生ならわかりそうな気がして

お母さんの似顔絵の話をしたのです。

 

わたしから絵の説明を聞いたK先生は

「まさに、蓋、だね」

率直におっしゃいました。

 

もしかしたら、わたしは無意識で

蓋をイメージさせる言葉を使って

K先生に話をしていたかもしれない。

 

だけども

わたしにとっての

「お母さん」という存在が

端的な言葉で表現されたことで

長年抱えていた違和感の正体を

つかんだようですっきりしました。

 

母の存在のしんどさを自覚したのは

病気をした32歳の時。

核心に触れ始めたのが

同居を始めた41歳から。

 

だけども

K先生の印象が的を得ているなら

すでに6歳の時には

わたしにとって母はしんどい存在

だったのかもしれませんね。

 

まあ、専門的な分析ではないので

自分の人生と辻褄が合うように

都合よく解釈しようとしている

こともあるでしょう。

 

K先生のひとことで

絵の謎解きをしようとする

執着から解放されました。

 

その絵は、役目が終わったので

もう処分して手元にないのですが

こんな絵でした。

お母さんの似顔絵

ポイントだけ再現して描きましたが

お絵描きレベル、ひどすぎるな(-_-;)

いや、見てほしいのそこじゃないからね(笑)

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー