Blog

精密検査をしに行った乳がんの専門病院で

「胸を全部取らないといけない」

そう言われて、わたしの心に

重苦しさがのしかかってきました。

雲 暗い 渦 動く 悪天 嵐 激しい ダイナミック 混乱 混沌 混じる 空 曇天 暗雲 雲行き 不安 動揺 揺らぎ 悲しみ ネガティブ

と言いつつ、実は

12月の集団検診で要精密検査と言われた時から

手術の準備を始めていました。

 

スイミングのバイトは、1月末で辞めて

2月からは、飲食店でバイトすることが

決まっていました。

 

地元のスイミングスクールなので

知人もいて、本当の話がしにくいのと

仕事柄、手術したら働けないだろう

と、思いました。

 

2月から始めるバイトなら

人間関係が出来る前に

仕事であてにされる前に

要らぬ気を使わずに辞められる

と、思いました。

 

で、実際その通りになりました。

 

2月2日  飲食店のバイト初出勤

2月4日  細胞診の診察結果を院長に聞くため

      午前8時30分に病院に行き、その後出勤

2月5日  事情を説明してバイトを辞める

 

日記に、2月4日のことを次のように記しています。


朝一番に受診。院長より「乳ガン」告知。

乳房は全部とらないといけない。

手術は、ここでもよそでもいいけれど、早く決めなさい。

自分の症状、治療について

詳しく聞こうと心づもりしていたが

「ガン」という言葉は、やはりショックで

事実を受けとめるだけで精一杯だった。

相談したい人もいるので、その場で手術のことは決めず

飲食店へバイトに行く。目がうるんでくる。

バイト中もボッーとし、周りに人がいないと涙がにじんくる。

今すぐじゃなくても「死ぬのかな」と死を考える。


「胸を全部取らないといけない」というのは

「乳ガンです」と言われたのと、同じことなのですが

はっきり「聞く」と「聞かない」のでは、雲泥の差。

 

「ガン」だと、言葉にして聞いた時の

ショックと動揺は、かなりのものでした。

質問しようと思ってたことは

何ひとつ聞けませんでした。

 

2月5日には、男性の人事担当者を前に

昨日乳がんの告知を受け、近々入院手術をするため

辞めさせていただきたいと、泣きながら話ました。

 

はっきりと口に出して伝えなければならないのは

苦しかったけれど、親しい人ではないから

言えたし泣けたんだと思っています。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー