Blog

生きている実感を求めていたわたしは

当時、障がい者施設の職員でした。

 

23歳のわたしが書いた文章は

その施設の加盟していた団体の

会報誌に載せた記事。

各施設の会報誌の担当者が持ち回りで

記事を書くことになっていて、年明けに

わたしの番が回ってきたのでした。

 

施設に就職して3年目だった

わたしは、この記事を書きながら

仕事を辞める決意を固めていました。

 

そう、文中の

「自分の実力も顧みず、一番高い山まで登った。

今まで滑ったことのないおそろしく急な斜面。

でも、思い切って一歩踏み出してみることにする。」

 

これは、仕事を辞めることを意味していたのです。

 

人間関係や職場環境などはよかったのですが

仕事の、現実と理想のギャップ・・・

自分自身の、現実と理想のギャップ・・・

そのギャップを埋められませんでした。

 

違和感を抱えながら、その場所に居続ける

という選択が、わたしにはできませんでした。

 

この会報誌が職場に配られ

一つ上の先輩女性がわたしの文章を読んで

「へーーえーー、そんな急斜面、滑れるんやーー、すごいなー」

と言いました。

 

職場の誰にも、相談していなかったので

わたしの文章が、仕事を辞める意味だなんて

考えもしなかったと思うのですが

 

先輩女性のやっかみを含んだ言葉に

「自慢したかったわけじゃないのに・・・」

と、ちょっと心が寂しくなりました。

 

春を迎えるための準備期間

1月2月をへて、わたしは施設をやめて

スイミングスクールに転職しました。

また、転職や仕事にまつわることも

書きたいなと思っています。

 

そしてもうひとつ

32歳の、変化を迎える時期

人生最大のピンチを迎えていました。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー