Blog

怨念めいた類のものは、カーテンどころか雨戸になって、闇を増幅させる。 カーテンを開けて、窓も開けて、新鮮な空気を入れよう。 暖かいばかりではなく、冷たい空気の時だって、沢山あったとしても、空気を循環させよう。

posted at 03:52:17

闇は闇で消せない。 光だけが闇を晴らせる。 光をさせるかどうかは、自分がカーテンを開けて、目を向けるかどうかによる。

posted at 03:48:29

それでも、それが「他者のせい」などとは思わない。 そうした怨念めいた類に囚われているうちは、クリアに出来ないからだ。 悔やんでも、今さら過去は変えられないが、過去の捉え方は変えられる。 変えるかどうかは、内心での苦しさが伴っても、自己責任だ。 怨念は、自己責任からの逃げであろう。

posted at 03:45:55

当時、マインドコントロールまでされていたかのような、その流れは魂を蝕んでいた。 蝕まられていたことに気が付き、自覚していけたのは、それからまた数年が経過した後のこと。 その数年で、自らどれほどのかけがえのないものを犠牲にしてしまったか。

posted at 03:42:33

部下の手柄は、おれの手柄。 おれの手柄は、おれの手柄。 おれのミスは、部下のミス。 部下のミスは、部下のミス。 そんな目上と数年間に渡り、タッグを組んでいた過去。 まさかと思える、そのズルさ。 魂だけは絶対に売ってはいけない。 今なら、つくづく、そう思う。 その代償は計り知れない。

posted at 03:37:15

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: はくう ー 白空(@hakuuxyz) - Twilog


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー