Blog

2006年8月からの

3年9ヶ月の同居期間のうちに

母に認知症の症状がではじめました。

 

解決の糸口をつかめないまま

先の見えないトンネルに向かうような

不安を感じる毎日に、わたしは

心と体のバランスを崩していきました。

 

保育園にこどもを迎えに行き

園庭で仲の良いママ友に

悩みを聞いてもらうことで

どうにか自分を保っていました。

 

その日も

こどもを遊ばせながら

園庭で話をしていました。

 

その時

看護師のママ友に

「カウンセリング、受けてみたら」

と言われたのです。

 

彼女は

看護師を育てる立場で

いろんな勉強をしているようでした。

 

カウンセリング研修で

ロールプレイを受けた話をしてくれ

 

「餅は餅屋よ」

「やっぱり、プロは違うよ」

「カウンセリング、受けてみたら」

 

と言ってくれたのです。

 

実はその時、わたしはすでに

家の近くにカウンセリングルームを見つけていて

行くかどうか迷っていたところだったのです。

彼女の

「餅は餅屋よ」

という言葉が

わたしの背中を押してくれました。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー