Blog

先月から始めたばかりのTwitter。 自分の過去ツイートを、さっと見直してみたら、既に一部、黒歴史のように見えるツイートも……^^; これも、アウトプットしてみたから気が付けたし、その分、小さな成長をしたということか。 いやはや、アウトプットはしてみるものだ、と思った。

posted at 15:56:51

開けまいとしていたパンドラの箱の底には、最後に「希望」だけが残っていたという。

posted at 14:38:04

アイコンを写真にしようか、どうしようかな~(たぶん、しないかな?)と思って、自分のフォルダを見ていたら、こんな自撮り写真もあったなぁ、と思い出した^^ 以前に、鏡に写っている自分を撮ろうとして、ライトが反射して出来た写真。 仕事用の服装してることしか、分からへんやん^^; pic.twitter.com/0wfhU4JvoT

posted at 07:00:51

すこし、ブラッシュアップしたブログ版なり 『「あなたの夢は、何ですか?」』 hakuu.xyz/post-462/ pic.twitter.com/4TpNNTFOvs

posted at 06:34:18

あぁ、なるほど^^; twitter.com/bokuga_ichiban…

posted at 03:54:05

この表現も、いいなぁ。さすがだよね。 twitter.com/garyu97/status…

posted at 03:53:18

とても分かりやすく表現されているなぁ、と思いました。 twitter.com/full_moon_home…

posted at 03:52:31

@relieve_lonely ありがとうございます。

posted at 03:46:15

@relieve_lonely 私とも、ですか^^? 私は諸事情で、なかなか大阪から離れられないですが、大阪でタイミングが合えば大丈夫ですよ^^

posted at 03:45:16

それが長期に渡り、感覚すらも麻痺して、こじれ続けると、いわゆる「毒親」となっていくのではないだろうか。 「毒親」に限らず、難癖やハラスメントをしないでいられない人にも通ずることかもしれない。 自らが、そのような泥沼のドボンにハマらないように気をつけたい。

posted at 03:16:06

自分が、自分であること 自分を、活かし生きること それは、自分自身への責任でもあると、私は感じている。 自分自身への責任とれず、誤魔化したままで、他者を本当の意味で大切に出来るのだろうか。 私には分からないし、それは自分を、どこかで騙すしかないようにも思えてしまう。 そして

posted at 03:13:17

よりブラッシュアップされたものとしてのものであり、妥協の産物は夢ではないだろうと思える。 進んでいくプロセスでの学びや気づき、そこからの発見で、よりブラッシュアップされるからだ。 妥協の産物は、文字通り妥協であり、妥協は諦めや甘えでしかないのではないだろうか。

posted at 03:09:33

「あなたの夢は、何ですか?」 もし、そう聴かれたとして、パッと返答できる自分であり続けたい。 夢とは、煙の幻ではなく、妄想でもないと、私は思う。 限りなく現実に近づき続けるための取り組みから、得たいステージである。 それは当初、思い描いていたものから、形は変化することがあっても、

posted at 03:03:49

@K_arinnn1427 本当に良かったですね〜!😊

posted at 02:07:58

慢心するから、成長の重要性や必要性を甘口みる。 慢心は誰にも、もちろん私にも常にあるものだから、忘れずに気をつけたい。 それと同時に、傷を不本意に抉られて塩を塗られてしまった方々、私もその一人でもあるが、 そのための表現、何が生み出せるか、何を生み出し続けるかを考えたい。

posted at 02:02:00

話そうとしたのに。

posted at 01:56:09

「傾聴」もどきを「傾聴」と謳っている同業他社もあるが、そんな慢心の行いにはハマりたくないものだ。 意図せず、クライアントの方から、同業他者に話をして、違和感はばかりで余計に辛くなったとお聴きすることがある。 嘆かわしいことと思う。 せっかく勇気を振り絞って

posted at 01:55:44

思うところがあり、悩ましいところである。 なぜなら「傾聴」とは知れば知るほど奥が深いものである。 知らず知らず、植え付けられてきた固定観念や偏見を打破しなければ続けられない時もあるからである。

posted at 01:52:14

なってしまう可能性が大きい。 だから、相談やアドバイス以前に、大切なのは本来の「傾聴」であり、この「傾聴」が、ちゃんと出来る人は意外と少ないようである。 これが「本来の傾聴は、まだまだ普及していない」と、傾聴の先生方が述べることの一つでもある。 私も傾聴者のチームを運営していて、

posted at 01:49:57

例え、正論であったとしても、それが、相手にとっての効果という的を得ていない場合は、的外れなのである。 つまり、正論だから間違っているとは言えないが、正しくもない、というダブルバインドが発生してしまうことになる。 それは窒息感を生み出して、本来できるはずであった成長を阻害することに

posted at 01:44:58

「○○だから」は、 例えば、 「親だから」 「上司だから」 「経験者だから」 「善意だから」 「正論だから」 「被害者だから」 …… などなどだろうか。 大事なのは、与える影響が相手にとって、真に効果的であるという、的を射ているかどうか、である。 そう考えると、

posted at 01:42:22

「○○だから、何を言ってもいい」とはならないのである。 自分が、何を言っていて、それが相手にどのような影響を与えるかを考えよう。

posted at 01:26:22

家族問題などで「谷底に落とされた」と言う話がある。 最初はとても哀しいが、谷底でも生きて行けたりするし、平和だったりする。 そして、それは落とされる前の、どこか荒んだ世界より、ずっと色とりどりに綺麗だったりする場合もある。 自分が、どう観るかではないだろうか。

posted at 01:11:20

そもそも自分の価値観だけを、最大化するかのように、人と関わろうとする視野狭窄は、自ら成長を制限しているのだとも言える。 生きている限り、成長するのが大切と私は思っているが、そのようなところでも、根本的に相容れなくなっていくと思われる。

posted at 00:51:26

真直な目で読もうとしない、話を聴かない、自分の価値観だけを押し付ける等々、 そのような方は巷に多く見受けられるが、私に絡んでこないで欲しいと思う。

posted at 00:44:52

日本に暮らしているからといって、日本の在り方全てを受け入れているわけではない人が多いように、 私は、Twitterを使っているからと言っても、Twitter村の在り方全てを受け入れているわけではない。

posted at 00:41:18

分からないのに言及できる、それが私には分からない。本当に。 粗野で乱暴だと思わないのだろうか。 思わないから出来るのかもしれないが、神経の違い、ギャップを感じるのは否めない。 一個人単位の主観としては、相容れなくなっていくだろうし、同時にあまり信用できないことにもなるだろう。

posted at 00:38:19

誤読や認知の歪み、ましてや、部分を切り取って全体かのように拡大解釈(歪んだ過剰反応)、歪曲などがまかり通るかのように思っているとしたら、それは違うと思う。 さらには、わざと難癖や言いがかりを付けるなどは、迷惑極まりなく論外。 アナログのリアルでも、たまに居るけどね。

posted at 00:31:04

そして、何かしら意見を言われたとしても、それを受け入れるかどうかは、あくまで本人判断です。 誰も、人に対して価値観の押し付けなどできません。

posted at 00:23:49

見ていると、Twitterであれ、何であれ、最初は見知らぬ他人であることを忘れていないか?と思える時があります。 礼儀等すらなっていないのは、私は論外だと判断しますが、画面の向こうには、あなたと同じ血の通った人間がいること、忘れてはいけません。 Aiやゲームのキャラとは違うのです。

posted at 00:16:37

荒削りな独り言でもツイートしたりすることで、表現の元になっていく。 オープンにしてみることで、自分でも初めて見えてくるものがある。 それは必ずしも、邪念が含まれているかのような絡みを望んでいるわけではない。

posted at 00:12:01

@relieve_lonely とても、良かったですね😊

posted at 00:03:11

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: はくう ー 白空(@hakuuxyz) - Twilog


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー