Blog

もうすぐ、ダンスの発表会。

次女が衣装をもらってきた。

みんなお揃いのグレーの上下に

自由にリボンを縫いつけるのだそうだ。

 

配られた赤とシルバーのリボンを

次女の希望するように縫いつけてあげた。

   ↓

グレーの衣装の前面

リボンが少し余った。

赤が10センチ、シルバーが20センチほどか。

残り、どう使おう?

リボンを触りながらアレコレ試して

・・・閃いた!

あるもんで。の神が降りてきた(笑)

さみしい後ろ身頃に縫いつけたのがコレ。

   ↓

リボンの花

次女が「可愛い〜♡」と喜んでくれ

長女は「ママって、そういうアイディアすごいよな」

と褒めてくれた。

気をよくするわたし。

そして、その後も

「ねえ、これ、どうよ!」と

褒める言葉を要求するわたし。

 

カルチャーショックからの〜見事な適応。

義家族のコミュニケーションスタイルを

自分にしっかり取り込んでいる。

「ねえ、これ、どうよ!」

最低3回は言ったなあ、わたし^^;

 

この出来事で

わたしの大切にしていることが

より、はっきりしてきました。

 

素材を活かすアイデアを自分から出す。

あるものを活かしきる。

それにより、人が喜び、自分が喜ぶ。

 

まさに、これが

あるもんで。精神なんだな。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー