Blog

わたしは

けっこう細かい作業が必要な

キャラ弁作りが性に合いません。

 

娘たちに

「作って、作って〜♪」と

せがまれてきました、特に就学前。

保育園でお友達の可愛いお弁当を見て

無邪気に要求してくるのです(笑)

 

だけど、わたしは

(キャラ弁作りに限らず)

期待されると、ことのほかしんどくて

頑張れないのです。

 

「ママはこういうの苦手やから」と

かわしてきました。

こういうのとは

細かい作業であることと

作ることを期待されることです。

 

娘たちは

そんな母を受け入れ

無理難題は言わなくなりました。

そうすると

ちょっと気持ちに余裕ができるのか

たまには

娘たちを驚かせて喜ばせたいと思って

作りたくなるのです。

 

あまのじゃくだと言われても

自分が作りたい時に作るし

やりたかったらやるのです。

 

自分の中から気持ちが湧いてこないと

やる気スイッチが入らないみたい。

 

そんなわたしが作った数少ないキャラ弁が

2016年度作・まっくろくろすけのお弁当。

2016年度作

見るからに作るのが簡単なので選んだのですが

娘たち、エラく喜んでくれた。

(普段与えてないのでね、笑)

 

かたや

小3の3学期から料理を始めた次女が

小5の運動会に自分で作ったお弁当が

2017年度作・まっくろくろすけのお弁当。

2017年度作

ママのキャラ弁が嬉しかったから

同じものを作ったとのことですが

ずいぶん挑戦的、上等やないか!

 

。。。。ああ、負けた。。。。

 

しかも

「ママ、まっくろくろすけ3個は量が多かった」

と言われる始末。

弁当箱の隙間をおにぎりで埋めたことも

バレていた(汗)。

 

でも、そんなんもこんなんも

自分発の行動で得た結果は

全部自分のモノ。

どんな結果でもヨシ!なのです。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー