Blog

北海道旅行の思い出です。

 

ペンギンの通る道の両脇に並んで

ペンギンが来るのを待っていた時

1歳くらいの男の子をだっこした

お母さんが隣りにいました。

そばにおばあちゃんもいました。

 

ペンギンの散歩を見るために

早めに行って場所を取るので

散歩の時間までけっこう長い。

 

待っている間に

男の子が眠そうにしだして

お母さんとおばあちゃんが

「もうすぐペンギンくるから!」

と声を掛けていました。

 

けれども、

コックリコックリと

次第に眠りは深くなります。

お母さんとおばあちゃんが

その子を抱き直したりして

起こそうとしていました。

 

眠気に襲われた遭難者を

起こす場面のように

そりゃあもう必死で!!

 

「アンタに見せてあげたくて

わざわざ北海道まで来たのよ!

寝たらだめ!お・き・てー!!」

 

かわるがわる

お母さんとおばあちゃんが叫ぶ。

 

だけどその叫びも虚しく

まさにペンギン様がお通りになる一歩手前で

その男の子は夢の世界に行ってしまった。

 

「あ”あ””あ”””ーー!!」

 

慟哭が聞こえる。

お気の毒。

 

我が娘たちはどうかというと、

 

長女は、ずっと歩きどおしなのに

ぐずぐず言わず待っていました。

次女は、ずっと寝ていたのに

ペンギンが通る瞬間に目を覚まして

ペンギンを凝視。

 

夜逃げのように家を出てきた

甲斐がありました(涙)

記念の1枚!

お散歩するペンギンを見る娘2人

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー