Blog

母に北海道旅行への意向を聞いた後

やっぱり旅行に行くのは難しい

という判断を夫婦でしました。

 

日程調整や旅費をはじめ

母が一緒に行くことで予想される事態に

対応策がとれないと思いました。

 

5人になることで

ホテルの部屋やレンタカーも

標準からはずれます。

また、私達夫婦と母とでは

イメージする旅行の内容が

かけ離れています。

私達家族に合わせることも

母に合わせることも

どちらも考えられません。

 

旅行に行かないことにして

残念やらホッとするやら。

 

ところが数日後

北海道旅行を諦めきれない

夫が言うのです。

 

夫は4月から雇用形態が変わるため

休みを取りにくくなることが予想され

この3月が最後のチャンスかもしれない。

そして、

3月の時点で、長女2歳11ヶ月と次女4ヶ月。

親の膝に乗せれば

大人2人の運賃で飛行機に乗れるので

子どもが小さいうちの方が安く行ける。

 

ちょっと無理をしてでも行かないか?

という相談でした。

 

そりゃあ、私だって行きたいに決まってる!

行くのなら、家族4人で行こう。

私は、家族4人で旅行に行くと決めました。

 

言葉の裏の母の本心ではなく

母が口にした言葉に

反応することにしました。

 

母と揉める覚悟を夫に伝えて

家族4人の旅行の手配を頼みました。

 

そして、母に伝えました。

 

時期的、経済的にも

今がチャンスだから

無理をして行くことにしたこと。

「よう行かんわ」って

お母さんが言ったから

4人で手配していること。

 

すると、

母の目と鼻の穴が大きく開いた。

 

母「私はそんなこと言うてないっ!」

 

私「言うてたよ。」

 

母「いつ?どこで?」

 

私「1週間前、晩御飯の後、このソファに座って。」

と、私が言うと思い出したようだけれど

 

母「そんなこと、私は言・う・て・な・いー!」

と納得がいかない様子。

 

 

でも、しゃあないよね。

「よう行かんわ」

そう言ったのはアナタだから。

 

もう私は変化球は受けない。

直球しか捕球しない。

 

アナタが投げたねじれた球は、

自分で拾ってください。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー