Blog

母と同居して半年、

悶々としながらも

言いたいことを我慢していたのは

私が身につけた習い性だったのでしょう。

 

私が母に何か言ったところで

不毛さ、無力感、諦めの気持ちが心に充満して

黙っているよりも心は苦しくなるのです。

すっきりすることがないのです。

 

でも、半年我慢したとはいえ

以前の私ならやり過ごせたことが

どうにも許せなくなっていました。

結婚による自分の変化を感じました。

 

母の急所をつく一件の後、

さらに事件が起こりました。

 

家族旅行問題です。

 

夫が北海道に行こうと提案してきました。

ちょっと前にTVで

旭山動物園の特集番組を見て

行ってみたいと思ったとのこと。

その番組は私も一緒に見ていました。

 

旭山動物園では

動物の習性を活かして

展示方法が工夫されていて

動物との距離が近いのです。

「ペンギンの散歩」を

子どもたちに見せてやりたい!

 

北海道!

行きたい!

でも!

座敷ババアが!

 

私は

座敷ババアと一緒に行く旅行がどうなるか

知っていました。

旅行に行ったって、場所が変わったって

母の言動は変わらないのです。

わざわざお金使って時間使って

嫌な思い出を作りたくありません。

 

でも

いくらなんでも誘わないわけに行かない。

旅行に行くことはまだ決定ではなかったけど

北海道旅行の計画について

座敷ババアに話してみました。

 

「もし行けたら、北海道へ旅行に行きたいな

と思ってるけど、お母さんはどう?」

 

母は笑いながらこう言った。

 

「ハア〜ア、ほっかいどお〜?さむっ。

そんなとこ、よう行くわあ。

私は、飛行機乗ってまでよう行かんわ。」

 

これを座敷ババア語翻訳機にかけると

 

「ちょっと〜、北海道ええやん。

遠いし寒いけど、まだ行ったことないし、

行きたいわ、私。」

 

となります。

 

私はいつも

言葉の裏側にある母の気持ちを察しながら

生きてきました。

 

でも、この時から

母の言葉の裏を読むのをやめました。

もう疲れました。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー