Blog

この家に引っ越してくる前に住んでいた地域で

親しくしていた女性がいました。

 

その女性Yさんに、

急に家を買うことになって

母と同居することになったことを話すと、

「同居するまでに、お母さんとちゃんと話をしておいた方がいいよ」

と言われました。

 

50代のYさんは、

若い頃から実家の家族関係に悩んでこられ、

いろんな体験を話してくださったので、

少し話したことがあるのです、

私と母の関係がよくないこと。

 

そんな方からのアドバイスなので、

素直に受けとめて、

まずは、自分に向き合う時間を作りました。

 

「母へのわだかまりは、何なのか。」

 

フツフツと湧いてくる感情がありました。

それは「怒り」でした。

何に対して「怒っている」のか?

自分に問い続けました。

そして、気付いたのです。

 

「母の不倫」に対してだと。

 

このことを自覚した時、

「何をいまさら」という気持ちでした。

なぜなら、

その時の母と同じ年頃になった私は、

母にも女としての時間も必要だったと思い、

母のしたことをとがめたりしていませんでした。

この話は、夫にも話していたので、

自分の中では整理されていると思っていたのです。

 

だけど本当は・・・・・

 

10代からの大人になっていく過程で、私は、

 

「大人はずるくて汚い」

「所詮、大人なんてそんなもんよ」

「所詮、世の中なんてそんなもんよ」

 

わかった風なことを言って、

大人ぶるようになっていきました。

周囲の大人に不信感を抱き、

世の中を斜めに見るようになっていきました。

 

そう言って、自分を納得させていたんですね。

そうやって、自分をごまかしていたんですね。

 

だけど本当は・・・・・

 

家での出来事も、感じた気持ちも、

10歳の私は、誰にも話さずにいました。

 

女としての母親の姿・・・・・

受け入れられなかった・・・・

許せなかった・・・・・・・・

 

心の底に沈めていた気持ちが溢れ出し、

苦しくて苦しくてたまらなくなりました。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー