Blog

本棚に潜むコンプレックス 第2位 の中で

おこづかいについて少し書きましたが、

幼児からおこづかいを渡すことにした動機が

3つあります。

 

ふたつめ。 

 

こどもの素直な欲望を受け容れられない

窮屈な自分から解放されたかったから、

です。

 

どういうことかと言うと、

 

私がこどもに何か買ってやろうとする時に、

私の価値観に合わないものや

好みでないものをこどもが選ぶと、

気持ちよくオッケーが出せないんです。

 

自分の意に沿うように誘導したり、

欲しいと思う気持ちそのものを否定したり、

こどもの気持ちを聴いてあげることが

全くできなかったんです。

そんな自分を嫌だなあと思っていました。

 

「買って!買って!」とねだるわけでなく、

こどもが、ただ単に「欲しいな」って言っただけで、

ものすごい嫌悪感を感じて抑えつけてました。

 

でも、欲しい気持ち、欲望をコントロールするのは、

母親の私じゃなくて、こども自身なんですよね。

 

お財布を別にすることで、

私は、こどもとの境界線を意識できるようになりました。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー