Blog

本棚に潜むコンプレックス 第2位 の中で

おこづかいについて少し書きましたが、

幼児からおこづかいを渡すことにした動機が

3つあります。

 

みっつめ。 

 

自分のお金を使う喜びを早く知ってほしかったから、

です。

 

親が出していても、

おこづかいはこどものお金です。

 

わずかなお金をどう使うか、いろんな思いを巡らせ、

欲しいモノを手にすることで得られる喜びは、

誰かに簡単に、欲しいモノを買ってもらう喜びより、

深いと思っています。

 

もちろん、失敗もありました。

でも、自分のお金だからこそ失敗も学びになりました。

 

伝説的な失敗をへて、

娘たちは、それはそれはよく考えて

お金を使うようになりました。

 

買い物から帰ってくると、

何を、どこで、いくらで、買ったか。

比較した金額や商品の違い。

また、ソレを選んだ理由。

予算の範囲で自分の欲望と葛藤しながら、

妥協した点や譲れない自分のこだわりなど、

とうとうと語ってくれます(笑)

 

自分のお金は、

遠慮も気兼ねもなく自由に使えます。

 

気持ちのいいお金の使い方を知って、

自分でお金を稼げる人になってほしい。。。

 

そんなことを願っていました。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー