Blog

サンタさんへの手紙

私が一度もサンタさんからプレゼントを

もらってないことを書きました。

 

夜中にサンタさんが来て

プレゼントをもらったこどもって

昭和40年代には、どのくらいいるのでしょうか?

サンタさんが来なかったのは

私だけじゃないかもしれませんね。

 

こどもの私が、

サンタクロースを信じていたのか?

信じていなかったのか?

一度もサンタクロースが来なくて

どんな気持ちだったのか?

もう思い出すことが出来ません。

 

今思うに、こどもの私は、

サンタさん、いてもいなくても

どっちでもよかったんじゃないかな。

プレゼントがなくて残念に思ったのは、

サンタさんが来なかったからではないと思います。

 

私の母からは

「うちには煙突がないからサンタは来ない」

と言われていました。

 

このお決まりの「フレーズ」は

クリスマスという言葉を呼び水にして

繰り返されました。

 

誰かが言った

プレゼントを買わないための「フレーズ」は、

母にとっては笑いのネタ。

「うまいこと言うわ。」と、

面白かったんでしょうかね。

 

でも、

「うちには煙突がないからサンタは来ない」

と、飽きもせず繰り返される言葉から

私が受け取ったのは笑いではなく、

欲しがるな! 期待するな! 諦めろ!

というメッセージではなかったかと思います。

 

けれど もしかして…とイブの夜に靴下を下げて

寝たこともあります。

でも プレゼントは入っていませんでした。

 

小学低学年の私が靴下を下げているのを

母は見ていました。

 

朝起きて何も入ってない靴下を覗き感じる失望感・・・。

アメちゃん1個でもよかったのです、きっと。

サンタさんでなく、

母が私の小さな靴下を満たしてくれていれば・・・。

 

私の期待していたものはきれいごと?

 

我が家の強欲な娘を見ていると、

そんな期待をしていた私など、

ただのええかっこしいに思えるクリスマス前ですー。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー