Blog

ブログに

傾聴の仕事に関する情報や

日々学んだ内容を

残していこうと思って

「気持ちのひきだし」

というカテゴリーを作ったのですが

記事の数が増えていない・・・。

 

その理由に気が付きました。

 

「ちゃんと書かなければ」

「間違ったことは書けない」

 

そう思って書くのが億劫になるんです。

 

もうすでに間違いだらけの人生で(笑)

今さら・・・なのに、まだ

不完全な自分、わかってない自分を

さらすことに抵抗を感じているのかな、と。

 

その一方で

ひきだし(記事)の数が増えないことを

気にしている自分がいる。

 

 

どうしよ。。。

人生の岐路に立ちました、わたし。。。

(大げさなヤツ)

 

 

2択です。

 

 

? 正しいことがちゃんと書けるまで、

  傾聴の知識や技術を

  完璧に理解し身につけたと思うまで、

  書かない。

 

? 傾聴に関して

  理解が浅かろうが認識がずれてようが

  学びになったこと、自分の感じたことを

  書いていく。

 

 

?を選ぶことにしました、わたし。

なぜなら、

 

 

? 完璧にできるまで待てませーん。

  傾聴は奥が深すぎて

  見通し立ちましぇーん。

  明日死ぬかもしれないもーん。

 

? 自分の感じたことに間違いはないから。

  その時の学びや感じたことの

  理解が浅かったり認識がずれていても、

  人は気付き、変わり、伸びる。

 

傾聴は

 

「人間は自己成長力を持っている」

「問題を解決するのは本人である」

 

ということが前提条件にあります。

 

まずは、自分の成長を信じてみます。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー