Blog

中2の長女が持ち物の整理をしています。

過去のプリントやワークブックなどの教材が出てきました。

ちょっとやっただけのとか。

全然手をつけてないのとか。


「もう捨てていいー?」と長女。


使う人の基準で要不要の判断をして整理することを

今まで娘たちに教えてきましたが・・・。

いざ捨てるとなると、やるせない気持ちになる私。


小学校低学年までの教材は、私が用意したもの。

「○○○(長女の名前)に、賢くなってほしくて買ったのよね。。。」

ちょっと遠い目になる母を横目に、

 

「どんだけ教育熱心なん?」と呆れ顔の長女。


生まれる前から、

こんなこともあんなこともしてあげようと

思い描いて教材を買ったものの、

全部使いきれませんでした。


もっとしてやれたのではないか、

後悔する気持ちが残っています。

できなかったことに気持ちが向いてしまうのです。


「ごめんね。」と言って

使わない教材を捨てようとする娘を見て、

私は、とっさに叫びました。

「お願い!!捨てる前にこう言って!!」


〜おかげで、○○○はこんなに賢くなりました。本当にありがとう!〜


娘は何度もこの言葉を口にしながら、自分にプラスの暗示をします。

私も何度もその言葉を耳にしながら、自分の気が済みました。


その時の私ができることは精一杯やった。

我が娘は、賢く育った!育ったー!育ってるよおー!!


またひとつ、想いを手放せて心が軽くなりました。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー