Blog

生活を変えずに運動量を増やしたくて

出勤前のスキマ時間に

ウォーキングすることにしました。

 

 

学校からPTA主催の災害学習会の案内がありました。

その名をHUG、ご存知ですか?

私は知らなかったのでちょっと調べてみました。

 


以下 静岡県公式ホームページ より

 

避難所HUGは、避難所運営を皆で考えるための

ひとつのアプローチとして静岡県が開発したものです。

 

HUGは、

H(hinanzyo避難所)、

U(unei運営)、

G(gameゲーム)

の頭文字を取ったもので、

英語で「抱きしめる」という意味です。

避難者を優しく受け入れる

避難所のイメージと重ね合わせて名付けました。

 


 

気軽に体験できるチャンスなので

参加してきました。

 

ゲームの内容は、カードゲームです。

参加メンバーは、

初対面の保護者や教職員、生徒会役員、地域の方など

1チーム6名で6チームでした。

簡単な自己紹介をしてからゲーム開始。

PTA役員さんがカードを読み上げます。

カードに書かれている

さまざまな状況の避難者や連絡に対して

チームで話し合い、配置や対処を決めて

避難所の間取り図が書かれた模造紙に

カードを置いていきます。

ゲーム終了後には、

各チームでまとめをして

留意した点や悩んだことなどを発表しました。

 

ゲームのしかたの詳細が写真入りで載っています。

 

かなり濃い時間でしたね。

判断に迷う状況がいっぱいあります。

私がどうしたらいいのかわからなかったのは

ペットを連れている人。

何を優先して考えたらいいのか・・・。

 

これで被災の体験ができたとは思いませんが、

少しイメージが持てるようになったかも。

普段接することのない

いろんな状況の人のことを

考える時間になりました。

 

去年の夏の台風シーズンには

近隣の市町村で道路が冠水する被害があり、

私の住んでいる地域にも避難勧告が出ました。

もっと防災意識を高めようと思ったのでした。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー