Blog

相続税をできるだけ減らし、次世代に確実に財産をつないでいくためには、「誰に何をどれだけ遺贈するか」を記した遺言書が必要になります。 遺言書がなければ、相続人は被相続人の財産をもう一度調べ直し、遺産分割協議を経て遺産を分割する手続きを行わなければなりません。 思いのほか時間のかかるものであり、10カ月後の相続税の申告期限は、予想していたよりも早くやってきてしまうことがほとんどです。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: あ、いいな ドット混む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー