Blog

今年、最後の保護猫 ブルーアイ、白猫、男の子 キジシロでは珍しいオッドアイ、男の子 発端は・・・ 一か月前にお世話になっている動物病院経由でご相談がありました。 相談者はご年配の方です。 「寒い外に小さな子猫が2匹いて、とても不憫です。 飼ってあげたいが、高齢なので、最後まで面倒を見られないかもしれません。なんとかしてもらえないでしょうか?」 う~ん(-ω-;) 本来、私達が進める地域猫活動であれば、 手術して、耳カットして、元の場所に戻すところです。 しかし、ご年配の方

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: ペットファミリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー