Blog

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。

センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※3/29よりレポートに登場(3/17収容)
▼茶(黒の差し毛)メス 1-3歳? 8-9キロ
逃げ回っていたこの子が少しずつではありますが
人の手を受け入れてくれるようになってきましたので
今日もこの子との時間をたくさんとらせてもらいました。

部屋に入ると何かを察するのか、じっとこちらを見つめていました。
いつもなら近づいていけばすぐに逃げ出していましたが、
今日は最初からじっとしたまま、近づいても逃げずに
その場にじっとしていましたので、すぐに触ることが出来ました。
f0078320_21555057.jpgf0078320_21562779.jpgf0078320_21573347.jpg
身体をなでていると最初はかなり震えています。
それでもゆっくりと撫でてあげ続けていると、段々とその震えも小さくなり、
頭も撫でさせてくれました。

ただ、首の下の部分や胸のあたりを撫でるのは嫌なようで
身体がのけぞってしまいます。
それでも一生懸命我慢してその場にいてくれる健気さが
たまらなく愛おしく感じました。
おやつはまだ食べる余裕はありません。
f0078320_221364.jpgf0078320_2231854.jpgf0078320_2244615.jpg
少しすると思い出したように逃げようとしたので
「逃げなくていい!」と制止するとまたその場に留まってくれましたが、
やはりまだ完全に心を開いてくれているわけではないので
逃げて離れていってしまいました。

たまたまかもしれませんが、離れたところにいる時に
「こっちにおいで」と言うと、トコトコと私の目の前を通り
また戻ってきてくれました。
f0078320_228428.jpgf0078320_2283116.jpg
私たちが部屋に入ってきたら撫でられるということは
なんとなくでも理解してくれてきたように思います。

なんとかこれを繰り返すことで、少しずつでも人が怖いものではないと
学習してもらいたいと切に願っています。
この子の頑張っている姿をどうぞ忘れないでください。
f0078320_22132654.jpg

※2/9よりレポートに登場(1/28収容)
▼茶 メス 2-3歳 11キロくらい
この子がいつもの定位置から動いたところを見たことがなかったのですが、
この日センターに到着してすぐくらいに、何気に廊下からこの部屋を覗くと
この子が普通に部屋の中をウロウロしている姿を初めて目にしました。

その姿は本当にどこにでもいる他の犬と同じで、
私たちが行くとこの定位置にじっとしているのには
やはり相当なトラウマのようなものを抱えていて
人への不信感がとても強いからなのだと
改めて感じました。
f0078320_2322192.jpgf0078320_23222270.jpgf0078320_2322512.jpg
↑の子がこの子にずっと後に寄りかかっているのですが
それに対しては全く怒ることもなくいられますし、
同部屋の他の子に対しても威嚇するようなことはありません。

この日もいつものように小さな声でずっと唸っていました。
負けずに手を差し出した時には前回同様、ガウっと脅かしてきましたが
前回とはその本気度が違うように思えました。
全く怖さを感じませんでした。
抵抗せずにはいられないのでしょうが、
この子が人への不信感をなくしてくれる日まで
一生懸命伝えていきたいと思います。
f0078320_23313519.jpgf0078320_23315453.jpgf0078320_23321462.jpg

※5/10よりレポートに登場(4/19収容)
▼黒・白×足先黒斑点 メス 2歳前後 14-15キロ
触られるのは少し怖いという気持ちはまだまだあるものの、
好奇心が勝っていて、人に近づいてくる、というのが
ここ最近のこの子の現状だと思います。

近寄ってはくるものの、触ろうとすると後退して行って、
この子の前と後の両方からつついてあげると
驚きはするのですが、そこから逃げていくということはありません。
本当に来る度に人への好奇心がどんどん強くなってきていると思います。
f0078320_23355381.jpgf0078320_23361776.jpgf0078320_23365665.jpg
おやつが大好きなので、おやつを持っている人には
グイグイ寄って来ます。
また、撮影のためにカメラを向けるとぐいっと顔を近づけてきます。
いろいろなことに興味津々なのだと思います。

もっともっと人と一緒にいられる時間があれば
この子の人馴れもグングン進んでいくのではないかと思います。
f0078320_23401643.jpgf0078320_23403629.jpgf0078320_23405773.jpg

※10/25よりレポートに登場(10/18引取収容)
▼白×少しベージュ メス 4歳 10キロくらい
この子もこの位置から動いたところを見たことがありません。
怖くてただひたすら固まっているだけとは思えないくらい、
人の手も全く怖がることもなく受け入れることが出来ます。

また、犬たちの下敷きにされていても怒るわけでもなく、
何かを我慢しているのか、元々の穏やかな性格がなせる業なのか、
はっきりとはわからないのですが、
本当に穏やかな子だということだけは確かだと思います。
f0078320_23451471.jpgf0078320_23453443.jpgf0078320_23461482.jpg
身体をなでてあげても、顔を撫でてあげても
全く抵抗することもありませんし、
ましてや震えるということもありません。
人との生活の中で人の優しさはきっと知っているのでしょう。
元気に動きまわるこの子の姿も見てみたいです。
f0078320_23502851.jpgf0078320_23505458.jpg

※10/25よりレポートに登場(10/18引取収容)
▼白×耳に少しベージュ メス 7歳 13-14キロくらい?
今日も一人でメンバーに一人一人挨拶して回っていました。
誰に対しても全く態度を変えることなく甘えることが出来る子です。

表情だけを見ていると、それほど嬉しさが伝わってこないのですが、
静かに甘えてきますので、とても甘えん坊なのだと思います。
他の子をかまっていると必ずといっていいほど静かに寄ってきて
「私も忘れないで~~」と割り込んできたりします。
シニアの域に入ってきていますので
年齢相応の落ち着きがあり、一緒に暮らしやすい子だと思います。
f0078320_23593132.jpgf0078320_23595361.jpgf0078320_003360.jpg
↑の子と一緒に持ち込まれた子ですので
人との生活には十分馴れているのだと思います。
これだけ人懐こい子を手放さなければならなかった理由など
全く考えられません。
今すぐ家庭に入っても全く問題ないと思われるこの子にも
今度こそ一生一緒にいてくださるご家族に迎えて頂きたいと思います。
f0078320_0305477.jpgf0078320_031102.jpg

レポートは続きます。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: ペットファミリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー