Blog

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。

引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※10/4よりレポート登場 (6/13他抑留所より移送)
▽茶 オス 4-5歳 12キロ位

今日も私たちが来ることを楽しみに待っていたようで
最初に近づいてきました。
人と遊ぶことが大好きな子なので、
こうして人と一緒にいられる時間が楽しみなのでしょう。

今日は一緒に部屋に入ったメンバーが
この子とずっと一緒に遊んでくれていたので
とても嬉しそうにはしゃいでいました。
新聞紙を小さく丸めたボールを投げてもらってはそれを拾い、
振り回してビリビリに破く、というのを何度も何度も繰り返していました。

遊ぶことに集中していましたので、
先週見られたようなクルクル回ってばかりな様子は
全く見られませんでした。
こうして人と一緒にたくさん遊べることで
この子も満足感を得られるのだと思います。
f0078320_198238.jpgf0078320_199226.jpg(先週レポートより)f0078320_1995768.jpgf0078320_19102387.jpgf0078320_19105564.jpgf0078320_19111780.jpg(先週レポートより)

※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▼白 オス 5-7歳 20キロ~

一瞬、「あれ??先週いた白い子はどこ行っちゃった??」と
見間違えるくらい、さっぱりとカットしてもらっていました。
見た目はまるで白熊の赤ちゃんのようで
先週までのふさふさな感じもかわいかったのですが、
これもこれでとてもかわいくなっていました。

先週見た時にもとても優しい子だと思っていましたが、
今日もこの子の優しさがにじみ出るような場面に遭遇しました。
ビビリ軍団の一員におやつを差し出してみたところ
食べることが出来ず、自分の前に置かれたまま固まっていたのですが、
↑の茶色の子は、それを何も言わずにさっさと取り食べたのに
この子はずっとそのビビリくんの前でおやつを見つめながら
「これ、もらってもいいのかなぁ?ダメ~??」と伺っているように
ずっとそのこのおやつを取らずにじっと見守っていました。

なんて優しい子なんだろうと思い、とてもほっこりした気持ちになりました。
未去勢のオスばかりのこの部屋にいる中でも
これだけ他犬にも優しく接することが出来る子ですから
先住犬がいらっしゃるお宅でもうまくやっていけそうです。
f0078320_19122011.jpgf0078320_19124854.jpgf0078320_19131884.jpgf0078320_1913431.jpgf0078320_1914859.jpgf0078320_19143252.jpg

※2/16よりレポートに登場 (2/2収容)
▼茶白 オス 3-4歳 11キロぐらい

この日はなんといってもこの子をたくさん撫でてあげられたことが
本当に本当に嬉しかったです。
座ったまま後向きでゆっくり近づいたところ、
他のビビリくんたちと一緒にくっついていたこの子は身動き一つせず
ずっとそのままの姿勢でいてくれました。

大分馴れてきてくれることは感じていました。
今日はゆっくり近づいたこともあったのかもしれませんが、
怖がって逃げようとするスタイルも見せずにいてくれたことに
この子が人のことを少しずつでも怖い存在ではないと
思い始めてくれていることを実感できました。

たくさんたくさん頭を撫でてあげ、体も撫でてあげました。
おやつは差し出しても食べることはできませんでしたが、
もう一歩という感じでした。
ゆっくりと焦らずこの子と向き合っていけば
必ず心を開いてくれると思います。
もっともっとこの子と接する時間を作れればと
更に思いを強くしました。
f0078320_19155279.jpgf0078320_19161825.jpgf0078320_1917954.jpgf0078320_19173819.jpgf0078320_1918622.jpgf0078320_19183011.jpgf0078320_19185747.jpg

※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒茶 オス 2-3歳 10キロ前後

大分触られることにも馴れてきたようです。
じっとこちらを見つめてきますが、
いつものように部屋の隅で同じ姿勢で固まっています。

以前は体に触ろうとすると空噛みしようとしたりしていましたが、
今では最初はビクッとするものの、空噛みしようとすることもなくなりました。
触られても怖いことをされるわけではない、と
学習してくれるようになったのかもしれません。
表情があまり変わらないので
実際にはこの子がどう感じているのかはわかりませんが、
それでもこの子も少しずつ進歩してくれていると信じたいです。
f0078320_19194215.jpgf0078320_1920787.jpgf0078320_19203342.jpgf0078320_1921272.jpgf0078320_19213193.jpgf0078320_19215753.jpg

※3/1よりレポートに登場 (2/16収容)
▼茶白 オス 1歳程度? 12キロ~

今日撮影した写真には、いつもの黒茶の子に寄り添っているものはありませんが
私がずっと黒茶の子がいる場所に座りこんでいたので
近づいてくることが出来なかっただけだと思います。
少し離れたところから、心配そうに黒茶の子を見ていたように思えました。

他のメンバーがこの子の近くに寄り添い、
怖がらせてはいけないと思ったようで触るまでは至りませんでしたが、
かなり近寄ってもその場に留まっていることも出来ていました。
この子も少しずつではありますが、
人は怖いものではないと思い始めているものの、
まだまだ勇気が出せないでいるのではないでしょうか。
もう一息だと思います。
f0078320_19224444.jpgf0078320_1923498.jpgf0078320_19232750.jpgf0078320_19235216.jpgf0078320_19242013.jpgf0078320_19244492.jpg

※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-13キロくらい

今日はこの子ともっと近づきたいと思っていたところ、
薄茶白の子の後に隠れていたので
とてもいいタイミングで近づくことが出来ました。

薄茶白の子が動かずにいてくれたおかげで、
こちらの子のことも触れる近さにいれたので
どさくさに紛れてそっと体を触ったり、
頭を撫でたりしてみました。
撫でることは出来たのですが、
二三度撫でると、「おまえ、いい加減にしろよ!!」と
パクッとお口が出そうになりました。

ごめんごめん、と、その後は触らないようにしました。
まだ何をされるかわからず、触られることにも抵抗があるのでしょう。
すごい勢いで逃げていくということは今までにもなかったものの、
上手に静かに私たちから遠ざかるような子で
なかなか近づいて触ることも出来ませんでしたので
人に対する恐怖心がなかなか抜けられずにいるのかもしれません。
この子にももっとゆっくり焦らず接してあげる必要があると思いました。
f0078320_19252610.jpgf0078320_19254839.jpgf0078320_19261498.jpgf0078320_19263890.jpgf0078320_1927471.jpgf0078320_19272823.jpg

↓↓
去勢手術のため、別室にいましたので
先週のレポートを転載します。

※10/11よりレポート登場 (10/6移送収容)
▼ビーグル オス  5-7歳 11ー12キロ

見た目は小さめのビーグルではありますが、
しっかりとした体格で、抱っこしてみると見た目以上に重さを感じました。
吠えることはまったくありませんでしたが、

去勢されていないのもあってか、とにかくマウンティングが酷いです。
人馴れは抜群で、すぐに人に寄って来て甘えようとしますが、
甘えるのではなく、すぐに足にしがみついてマウンティングします。
注意してもなかなか止めず、引き離してもまたすぐにしがみついてきます。

同室の子にも同様にマウンティングしていましたが、
この部屋にいる子たちは皆、他犬ともうまくやれる子たちなので
喧嘩にはなっていませんでした。
この子自身もこのままではストレスだと思います。
去勢手術をして、少し落ち着けるといいなと思いました。
f0078320_1762724.jpgf0078320_1764883.jpgf0078320_1773444.jpgf0078320_1775474.jpg

レポートは続きます。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: ペットファミリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー