Blog

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。

センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
(譲渡希望は、関東限定となります)

※8/16よりレポートに登場 (8/中旬他所からの移送)
▽白茶黒 オス 3-4歳 12-13キロ 
いつ見てもこの子はとても落ち着きがあります。

近づいて撫でてあげたいと思い、そっと近づくのですが、
一定の距離まで近づくとスルスル~っと逃げてしまいます。
物凄く人が怖い!という感じの逃げ方ではありません。
出来れば近づかないで!というくらいの感じに思えます。

とても綺麗な顔をしていて、美しい長毛ですので
シャンプーして綺麗にしてあげたらきっと人目を惹く子だと思います。
f0078320_12225549.jpgf0078320_12232072.jpgf0078320_12234943.jpg
あまり他の犬とも群れることもありませんので
先住犬がいるお宅でもうまくやっていけると思います。

臆病な子は皆そうなのですが、やはり感情表現が乏しいです。
おやつにも興味をしめしてくれませんので、
なかなか距離を縮められませんが、
なんとかこの子にも人との触れ合いの時間を
とってあげたいといつも思ってしまいます。
f0078320_12264966.jpgf0078320_12271350.jpgf0078320_12273829.jpg

※2/16よりレポートに登場 (2/2収容)
▼茶白 オス 3-4歳 11キロぐらい
いつものように人の様子を伺いながら
最初はウロウロと逃げ回っていたのですが、
今日は大分距離を縮めることが出来ました。
立ったまま近づいていくとピューっと逃げていくので
かなり離れたところで座り込んでから
少しずつ少しずつ近づいてみました。
f0078320_12304512.jpgf0078320_12313034.jpgf0078320_12321113.jpg
この子はそんなに臆病ではなかったのだから、
絶対に触らせてくれるはず、アプローチのやり方がダメなんだ、
と思い、今日は本当にゆっくりと時間をかけて近づいてみたところ、
すぐ近くまで近寄っても逃げていきませんでした。

しかも、恐らくこの部屋では初めてだと思いますが
この子に触ることが出来ました。
ほんの少しだけでしたが、ゆっくりと手を近づけても
避けようともせずに、ちょっと迷惑そうな顔をしていましたが
手を受け入れてくれました。
とてもとても嬉しかったです。

人のことがそれほど怖いわけではなく、
やはり逃げ回るのがクセになっているだけなのだと思います。
人と一緒に生活することで少しずつ学習していってくれるものと思います。
f0078320_1236838.jpgf0078320_12363367.jpgf0078320_123739.jpg

※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒茶 オス 2-3歳 10キロ前後
今日は部屋の右隅ではなく、左隅にいました。
初めて違うところにいるこの子を見ました。
それでも以前よりも体制を起こして
こちらをしっかりと見ることが多くなってきました。
f0078320_1775863.jpgf0078320_1782451.jpgf0078320_1791826.jpg
体を触っても嫌がる様子はなくなりました。
大分馴れてきたのかもしれません。

今日は黒い子と一緒にいることが多かったように思います。
自分から黒い子に近づいていくというよりも、
黒い子がこの子に寄り添っているような印象でした。
皮膚の状態も以前から比べると大分よくなってきました。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_17142093.jpgf0078320_17145976.jpgf0078320_17153252.jpg

※3/1よりレポートに登場 (2/16収容)
▼茶白 オス 1歳程度? 11キロ~
今日は割りと一頭で行動していることが多かったです。
先週までは黒茶の子にぴったりと寄り添い、
しっかりと守っている感じがしていましたが、
今日その黒茶の子がいつもと違う位置に移動しており、
少し安心して離れてみているのかな、
と勝手に想像してしまいました。
f0078320_17203913.jpgf0078320_17211431.jpgf0078320_17221047.jpg
今日は最初に私一人で撮影に入っていたので
気にする人間が一人だけというのもあったのか
部屋全体が落ち着いた雰囲気でしたので
この子にも触れられるチャンスがあるかもしれないと思い、
ゆっくりと近づいてみました。

緊張感は伝わってきましたが、
近づいても逃げずに部屋の角に留まってくれて、
体を撫でてあげることが出来ました。
やはり、この部屋にいるビビリちゃんたちとは
時間をかけてゆっくりと接してあげなければいけないと
つくづく感じました。
f0078320_17262648.jpgf0078320_17265450.jpgf0078320_17272287.jpg

※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-13キロくらい
今日は全体的に皆が落ち着いていたのもあり、
この子もそれほど逃げ回ることもありませんでした。
黒茶の子に寄り添っていることが多く、
その子が固まってじっとしているので
落ち着いていられたのかと思います。
f0078320_184115.jpgf0078320_1842939.jpgf0078320_1845723.jpg
黒茶の子を撫でている間も、すぐ側まで私がいても
動こうとすることもありませんでした。
触ろうと手を出すと少し体を動かそうとするので
触ることは出来ませんでしたが、
ここまで近くに寄れることは初めてでしたので
大分馴れてきたように感じました。
f0078320_1891583.jpgf0078320_1810349.jpgf0078320_18102395.jpg

レポートは続きます。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: ペットファミリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー