Blog

現在日本全国で大きな問題になりつつあるのが「空き家」だ。総務省の「平成25年住宅・土地統計調査」によると、2013年の空き家は約820万戸、約7.4件に1件が空き家ということになる。 野村総合研究所の予測では、2033年には約2100万戸が空き家、約3.3件に1件が空き家になるとされている。 ※総務省が定めている空き家の定義には「まだ買い手がついていない新築住宅(賃貸/売却用住宅)」や「別荘(二次的住宅)」も含まれ、上記の調査にもそれらは含まれているが、本記事では空き家の「その他」の定義「上記以外の人が住んでいない住宅。長期不在や取り壊し予定、区分の判断が困難な住宅を含む」のものについて触れている。 要は「誰も住まなくなる(った)地方の実家や親戚の家」を指す。 空き家に関する問題や施行される法律、利用できる制度などを取材した。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: あ、いいな ドット混む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー