Blog

「原油価格の下落」が長くいわれている。2012年には1バレル120ドルを記録することもあったのが、ここ最近は40ドル前後になっているが一時期は20ドルを割ることさえあった。 「産油国の内戦など政情が不安なため原油価格が上昇」することはあっても、下落、しかもここまでの長期間にわたってである。技術革新が進んで採掘量が増え、原油が過剰になっているのだろうか? シェールガスなど代替エネルギーが発展し、供給に対して石油の需要が減っているのだろうか? それらの技術革新はあるけれども、まだまだ石油の牙城を脅かすほどではない。にもかかわらず原油の価格が下がっている原因は一体何なのか? 実はその原因について、きちんとわかっている人は少ない。 ゆかしメディア編集部は、信用できる情報筋に取材し、「何が原油価格を下げているのか?」を解明した。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: あ、いいな ドット混む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー