Blog

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。

譲渡先、預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
(譲渡希望は、関東限定となります)

※3/1よりレポート登場 (2/16収容)
▼茶白 オス 1歳程度? 11キロ~
「今までのレポートはコチラ」
今までこの部屋に2頭だったのが、新しい子が2頭入ってきて
そのうちの1頭と寄り添って部屋の隅に固まっていました。
いつもはある程度近づいていくと逃げていましたが、
今日はゆっくり後ろ向きで近寄っていったところ
逃げずにその場に留まっていてくれました。
新しい子にくっついていたので逃げられないのかと思いきや、
その子を撮影しようとして「ちょっとどいてくれるかな?」と言っても
なかなかどこうとしませんでした。
f0078320_18403227.jpgf0078320_18405321.jpgf0078320_18411636.jpg
いつもならすぐに逃げていってしまうのにどうしてだろう?と思いましたが
少し離れた後にも、新しく入った子の前に座り込んでいて
まるで、その子を守ってあげているかのようでした。
とても優しい子なのだと思います。
普段触られるのも怖くて逃げていたのに、今日は体を触っても
少しびくっとしたものの、我慢していました。
新しい子が震えているのを必死に守ろうとしているような感じで
自分が我慢してでも、もっと怖がっている子を守ろうとする姿に
とても感動しました。
f0078320_18413976.jpgf0078320_18415879.jpgf0078320_18421891.jpg

※2/16よりレポートに登場 (2/2収容)
▼茶白 オス 3-4歳 11キロぐらい
「今までのレポートはコチラ」
今日もヒトリで部屋の中をウロウロして、
私たちからできるだけ遠ざかろうとしていました。
パニックになって逃げ回っているという感じではないのですが
近寄られることが怖いのでしょう。
それでも私たち人間の動きはしっかりと見ていて
人が怖くて仕方がないというわけではなさそうです。
どうしていいかわからないうちに、逃げることがクセになりつつあります。
f0078320_18451479.jpgf0078320_18453768.jpgf0078320_18461066.jpg
新しく入った2頭におやつをあげようとして
ボラがゆっくりと後ろ向きで近づいていっても
やはり逃げていってしまうのですが、
それでも何度も近くを通ってはサササっと逃げていき、
それを見る限りでも、興味はあるもののどうやって近づいたらいいのか
わからないといった感じが伝わってきました。
もう少し時間をかけて接してあげたいと思いました。
f0078320_18491249.jpgf0078320_18493759.jpgf0078320_18495598.jpg

※8/2レポート初登場 
▼黒 オス 4-5歳 12-13キロくらい
たくさんの半野良状態の犬たちに餌を与えていた人が亡くなったために
収容されてきた子のうちの1頭です。
もう1頭↓で紹介する子も同郷です。
私たちからできる限り遠くに座り込み、
じっと丸まっている姿がほとんどでした。
ゆっくりと近づこうとしても、何をされるかわからないといった様子で
下を向いたまま逃げていってしまいます。
そのため、年齢や体重は離れて見たおおよそのものになります。
f0078320_18562697.jpgf0078320_18564533.jpgf0078320_1857652.jpg
まだ収容されたばかりですので、
この環境に慣れないということもあると思いますが
やはり少し臆病な子のようです。
目の周りにたくさん目ヤニがついているのと、
近くでよく見ることが出来なかったのですが口回りにも
何かできているように見えました。
もう少しゆっくりと接してあげてみたいと思います。
f0078320_18573074.jpgf0078320_18575082.jpgf0078320_1858111.jpg

※8/2レポート初登場 
▼黒茶 オス 2-3歳 10キロ前後
↑の子と同郷の男の子です。
最初は茶色の男の子の下に潜るように隠れていて
顔すら見せてくれませんでしたが、
なんとか茶色の子に避けてもらって撮影することが出来ました。
とても皮膚の状態が悪く、体全体的に脱毛していました。
茶色の子がどいてカメラを向けたところ、
こちらを向いてくれたので良かった!と思ったのも束の間、
伏せをした状態のまま、おしっこがたくさん出てしまいました。
そうでなくても皮膚の状態が悪い子なので
すぐに新聞紙でおしっこしたところを拭き取り
一緒にでてしまったうんちも一緒に片付けてあげました。
とても体が熱く感じました。
f0078320_1963463.jpgf0078320_197341.jpgf0078320_1972444.jpg
また、この子も↑の子よりも両目の目ヤニが多く
びっしりとくっついているような状態で
きれいにしてあげたいなぁと思いました。
おおよその体重を知りたかったので抱っこしようとしたところ
咬むつもりのない、ただの反抗のような空噛みをしてきましたので
今回は抱っこはやめておきました。
体重や年齢は見た感じでのおおよそのものになります。
f0078320_1974986.jpgf0078320_198989.jpgf0078320_1983197.jpg

レポートは続きます。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: ペットファミリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー