Blog

ブルームバーグが興味深いランキングを発表した。昨年の日本の会社の高額報酬役員のほとんどが、日本人ではないというものだ。 そのランキングでは、トップ10に入った役員10人中8人が外国人だ。首位はソフトバンクのアローラ前副社長で80億4200万円、2位はセブン&アイ・ホールディングス取締役で米国セブン-イレブン最高経営責任者(CEO)のジョゼフ・デピント氏の21億8700万円、3位がソフトバンクのロナルド・フィッシャー取締役の20億9600万円と続く。 デピント氏の報酬はセブン&アイ・ホールディングスを退任した鈴木敏文前会長兼CEOの16年2月期の役員報酬(東京商工リサーチによると2億8200万円)の7.7倍だ。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: あ、いいな ドット混む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー