Blog

厚生労働省によると、2014年にがんで亡くなった人の数は36万8103人で、死亡総数の28.9%を占め、がんは日本人の死因のトップとなっている。 長期の入院、抗がん剤による副作用など、治療そのものも患者にとっては大変な負担となる。 入院をせず、投薬のみで、しかも体のいろいろな場所に転移した末期がんすら治療できるとしたら――そんな夢のような治療を研究し、実際に成果もあげている北青山Dクリニックの阿保義久(あぼ・よしひさ)院長に話を聞いた。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: あ、いいな ドット混む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー