Blog

お金と幸せに関する興味深い研究結果がある。2002年にノーベル経済学賞を受賞した米国プリンストン大学の心理学者、ダニエル・カーネマン教授によると、幸福感は年収7万5000ドル(約900万円)までは収入に比例して増えるが、それを超えると頭打ちになるというものだ。 カーネマン教授の研究に則って考えると、年収が900万円でも3000万円でも、1億円でも感じられる幸福はそれほど大きく変わらない、ということだ。 確かに稼ぎの額が上がるからといって、幸福度が増すとは言えないかもしれない。むしろ稼ぐ人はそれなりの地位に就き、課される責任も増えるなどストレスやプレッシャーも多くなっていくと想像できる。 では富裕層といわれる人たちは、苦しい人生を歩んでいるのだろうか?「幸福」や「不幸」についての研究をしている精神科医の樺沢紫苑氏に話を伺った。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: あ、いいな ドット混む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー