Blog

アニマルライツセンターでは、動物保護に関する政党政策アンケートを実施しています。
結果を掲載します。動物の現状を変えるために、選挙、そして政治に参加よう!
結果は送付いただき次第、順次掲載していきますので、現在掲載されていない政党がありましたらまた後日チェックして下さい。

政党(ご回答順)

民進党
政策に犬猫の動物愛護に関する記述があります

基本的な政策

犬・猫などのペット動物
人と動物が幸せに暮らす社会を実現するためペットの殺処分ゼロを目指します。飼い主責任の強化、ブリーダー・販売店の責任の強化、動物を残虐な方法で殺害する罰則の強化だどに取り組みます。

畜産動物
快適性に配慮した家畜の飼養管理が促進されるよう環境整備に努めます。

実験動物
できる限り動物に苦痛を与えない方法によって行うことなどが促進されるよう環境整備に努めます。必要のない実験の抑制や動物実験の情報公開を進めます。

水族館や動物園などの展示動物
快適性等に配慮した展示動物の飼養管理が促進されるよう環境整備に努めます。

法律・政令・規則等において、動物の種類ごとに行動学に基づいた飼育基準を定め、適正飼育を推進する
その他(議論を深め、検討を進めていきます)

法律・政令・規則等において、殺処分・屠殺などの動物を殺す際の具体的な方法を定め、適正な安楽死を推進する
その他(議論を深め、検討を進めていきます)

日本は国際的に畜産動物の福祉の取り組みが後れているという実態があり、今後国内で推進する必要があるという認識がある
その他(議論を深め、検討を進めていきます)

畜産動物の体の一部の無麻酔切除や、拘束飼育・過密飼育について改善を促す、または規制を設ける
その他(議論を深め、検討を進めていきます)

動物ではなく人のデータに基づく試験方法(動物実験代替法)を推進し、動物実験を減らしていくべきだという認識がある
その他(議論を深め、検討を進めていきます)

動物保護に関する民進党議員の実績
?安井美沙子候補(現参議院議員)の毛皮の商品表示に関し消費者委員会で質問・意見に立ってくださっています。またその中で自分は毛皮を着ないと公言しています。

社会民主党(社民党)
政策に犬猫の動物愛護に関する記述があります

基本的な政策

犬・猫などのペット動物
飼い続けるという飼い主の意識向上を訴えるとともに、過剰なペット動物の繁殖の規制や殺処分ゼロを目指します。

畜産動物
過密飼育を改め衛生面やストレスを改善するなど、環境を向上させていくことが重要です。

実験動物
化粧品など代替方法で安全性を確保できる場合は基本的に動物実験は禁止すべきです。

水族館や動物園などの展示動物
狭い檻や水槽、長い距離の移動などを改め、可能なかぎり自然に近い形での展示とすべきです。また、子どもたちを含め、動物を好む人達に対する情操教育上の観点とのバランスなどを考慮し、水族館や動物園のあり方(数や飼育方法、種類など)を議論していくべきです。

法律・政令・規則等において、動物の種類ごとに行動学に基づいた飼育基準を定め、適正飼育を推進する
はい

法律・政令・規則等において、殺処分・屠殺などの動物を殺す際の具体的な方法を定め、適正な安楽死を推進する
はい

日本は国際的に畜産動物の福祉の取り組みが後れているという実態があり、今後国内で推進する必要があるという認識がある
はい

畜産動物の体の一部の無麻酔切除や、拘束飼育・過密飼育について改善を促す、または規制を設ける
はい

動物ではなく人のデータに基づく試験方法(動物実験代替法)を推進し、動物実験を減らしていくべきだという認識がある
はい

動物保護に関する社民党議員の実績
?福島みずほ候補(現参議院議員)は化粧品の動物実験に関し厚生労働委員会で質問にたち、化粧品の動物実験の法規制を求めました。
?また消費者庁へ倫理的消費研究会で動物保護に関する事項を含めて欲しいという要望をサポートしてくださいました。

自由民主党(自民党)
政策に犬猫の動物愛護に関する記述があります

基本的な政策

犬・猫などのペット動物
ペット動物は、犬や猫など伴侶動物として重要な役割を担う動物です。飼い主による適正飼養の徹底を呼びかけるとともに、動物愛護管理法に基づく動物取扱業の適正化等に引き続き取り組んでいくことが重要です。

畜産動物

畜産動物におけるアニマルウェルフェアの推進は、家畜を適切な環境のもとで飼養することにより、ストレスや疾病を減らし、生産性の向上や安全な畜産物の生産にもつながるものと認識しており、農家の実情に即した取り組みが必要と考えています。

実験動物

科学上の動物の利用にあたっては、できる限り動物に苦痛を与えない方法で実施する等3Rの原則を踏まえて取り組んでいくことが必要と考えます。
※3Rの原則:国際的に普及・定着している実験動物及び動物実験取り扱いの基本理念です。・代替法の活用(Replacement)・飼養数の削減(Reduction)・動物の苦痛の軽減(Refinement)"

水族館や動物園などの展示動物
地方自治体が財政難に直面し多くの動物園や水族館が業務の縮小や統合、指定管理者制度の導入を余儀なくされています。しかし、このような状況にあっても獣医師や飼育技師、学芸員頭の専門家を配置してその質的な水準の向上を図り、種の保存に最善を尽くしていきます。また、展示については、近年はやりの行動展示や生息環境を再現するランドスケープ・イマージョン等は動物を見下げるのではなく少し見上げることにより、動物固有の美しさや尊厳を感じ、訪れる人達にいのちの大切さを学ぶ機会になっていると考えます。適切な使用施設における適切な飼養管理が展示動物(特定動物等)の保護に繋がると考えています。
※特定動物 トラやワニなど人の生命・身体・財産に害を与える恐れのある動物のことで、動物愛護管理法に基づき約650種が選定されています。"

法律・政令・規則等において、動物の種類ごとに行動学に基づいた飼育基準を定め、適正飼育を推進する
その他(対象となる動物の種類や対象分野が広く、飼養基準を定められるかどうかという課題がありますが、いずれにしても、より動物福祉に配慮した飼育環境を提供していくことが重要と考えます。)

法律・政令・規則等において、殺処分・屠殺などの動物を殺す際の具体的な方法を定め、適正な安楽死を推進する
その他(対象となる動物の種類や対象分野が広く、具体的な方法を定められるかどうかという課題がありますが、いずれにしても、より苦痛を与えない方法を採用していくことが重要と考えます。)

日本は国際的に畜産動物の福祉の取り組みが後れているという実態があり、今後国内で推進する必要があるという認識がある
その他(国際獣疫事務局(OIE)が策定している国際基準等を踏まえながら、我が国の実情に即した取り組みを進めていくことが必要であると考えます。)

畜産動物の体の一部の無麻酔切除や、拘束飼育・過密飼育について改善を促す、または規制を設ける
その他(前問の回答と同じですが、国際獣疫事務局(OIE)が策定している国際基準等を踏まえながら、我が国の実情に即した取り組みを進めていくことが必要であると考えます。)

動物ではなく人のデータに基づく試験方法(動物実験代替法)を推進し、動物実験を減らしていくべきだという認識がある
その他(3Rの原則を踏まえて取り組んでいくことが必要と考えます。)

日本共産党
政策に犬猫、実験動物の動物愛護に関する記述があます

基本的な政策

犬・猫などのペット動物
犬や猫などのペットは、こんにちでは単なる愛玩動物としてだけでなく、コンパニオン・アニマル=「伴侶動物」と考えて飼育する人も少なくありません。この間、市民団体や保健所の譲渡・返却の懸命の努力で、殺処分の総数が減少し、「ゼロ」を達成する自治体も出てきました。飼い主の責任として、ペットが死ぬまで飼い続けることが基本ですが、引き取り手の見つからないまま子猫・子犬が処分されることがないよう、里親を探すなど譲渡する数を増やすことが重要です。そのために活動している動物愛護団体やNPOは、保護している間の人出や費用がかかるので、公的な支援を強めます。新たに犬猫を飼い始めようとしている人に、保護された犬猫を飼うという選択肢があることを、普及啓発する取組を強めます。自治体の動物愛護センターが、保護し譲渡する施設として機能することを目指します。子犬は引き取り手が見つかりやすいのに比べ、成犬は見つけにくく処分されることが多いと言われています。譲渡の可能性を広げるためには、性格を知り必要な矯正をし、一定期間の健康管理をするなど手間と時間が必要です。行政だけでこうした措置をカバーすることはこんなんですが、愛護団体やNPO、地域の住民の協力なども得られる仕組みを作ります。政府は、市町村による動物との共生の地域ビジョンの作成を支援し、不妊手術への助成制度の創設やm譲渡促進の取組への支援などに乗り出すべきです。

畜産動物
家畜動物については、国際的に認知されているアニマルウェルフェア(動物の福祉)の「5つの自由」を、農林水産省も一応、踏まえて方針を出しています。しかし畜産の現場では、なかなか理解と改善が進んでいません。「5つの自由」の趣旨を実現するために、身動きの取れない狭い囲いの中で飼育することを避け、外科的処置はできるだけ減らし、処置する場合にも苦痛を最小化する方法を採り、健康管理に配慮し、苦しめずに死なせることが求められます。推進のためにも、海外の例をよく踏まえて、ルールの法制化が必要です。

実験動物
先進各国では、動物実験に替わって、動物を使用しない試験方法(代替法)の開発がすすめられています。OECDなどにおいても、試験ガイドラインの中に代替法を採用することで動物実験を削減しようという動きもあります。代替法の採用を進め、動物実験を可能なかぎり回避するよう努めるべきです。

水族館や動物園などの展示動物
水族館や動物園は、子どもたちをはじめ多くの人達が、人間と動物の絆=ヒューマン・アニマル・ポンドや多様な生態にふれる場所として、大事だと考えます。しかし、そこで飼育される展示動物は、動物本来の行動や特性、寿命などが大きく成約されています。現場で動物の感じる苦痛の会費、清掃の維持、採食行動や生活場所の改善などに、極力配慮することが必要です。

法律・政令・規則等において、動物の種類ごとに行動学に基づいた飼育基準を定め、適正飼育を推進する
はい

法律・政令・規則等において、殺処分・屠殺などの動物を殺す際の具体的な方法を定め、適正な安楽死を推進する
はい

日本は国際的に畜産動物の福祉の取り組みが後れているという実態があり、今後国内で推進する必要があるという認識がある
はい

畜産動物の体の一部の無麻酔切除や、拘束飼育・過密飼育について改善を促す、または規制を設ける
はい

動物ではなく人のデータに基づく試験方法(動物実験代替法)を推進し、動物実験を減らしていくべきだという認識がある
はい

無所属(ご回答順)

柳沢 秀敏(東京)

基本的な政策

犬・猫などのペット動物
極めて大切で超高度分化した国民の”いやし”には欠くことができません。反対に動物保護は、その影として尊重しなければならない

畜産動物
人間は勝手なもので、自分の都合に合わせ、ペットにしたり畜産にしたりしてきた。この矛盾は永遠の課題であり両立させた総力的発想が不可欠である

実験動物
これも自己都合であるが、科学もしくは医学の発展により人類に貢献してきた”もの”は測り知れない

水族館や動物園などの展示動物
動物の生態系をわかりやすく説明するためには、必要不可欠な施設であり、この利点を理解してもらいたい。全てを否定するところには何も新しい発想は生まれない

法律・政令・規則等において、動物の種類ごとに行動学に基づいた飼育基準を定め、適正飼育を推進する
はい

法律・政令・規則等において、殺処分・屠殺などの動物を殺す際の具体的な方法を定め、適正な安楽死を推進する
はい

日本は国際的に畜産動物の福祉の取り組みが後れているという実態があり、今後国内で推進する必要があるという認識がある
はい

畜産動物の体の一部の無麻酔切除や、拘束飼育・過密飼育について改善を促す、または規制を設ける
はい

動物ではなく人のデータに基づく試験方法(動物実験代替法)を推進し、動物実験を減らしていくべきだという認識がある
はい

きどぐち英司(岩手)

基本的な政策

犬・猫などのペット動物
人間のパートナーとしてお重要な存在、私も愛犬がおり、人生にやすらぎをもたらしてくれています。それだけに、ペット動物の福祉や災害時等における非難のあり方には改善が必要と考えています

畜産動物
畜産動物といえども生命あるものであり、適切な飼育管理と環境のもとで生育されることが、人間の健康にもつながるものと考えます

実験動物
科学の発展、進歩に貢献されているものと思いますが、適切な環境下での生育、実験の実施が望ましいと考えます。

水族館や動物園などの展示動物
核施設での展示について工夫が進められてきており、以前より展示動物にとって環境改善が進められていると感じますが、人的、予算的制約により、いまだ不十分な環境下に置かれているところも少ないと認識します

法律・政令・規則等において、動物の種類ごとに行動学に基づいた飼育基準を定め、適正飼育を推進する
はい

法律・政令・規則等において、殺処分・屠殺などの動物を殺す際の具体的な方法を定め、適正な安楽死を推進する
その他

日本は国際的に畜産動物の福祉の取り組みが後れているという実態があり、今後国内で推進する必要があるという認識がある
はい

畜産動物の体の一部の無麻酔切除や、拘束飼育・過密飼育について改善を促す、または規制を設ける
はい

動物ではなく人のデータに基づく試験方法(動物実験代替法)を推進し、動物実験を減らしていくべきだという認識がある
その他

ご協力いただいた政党、議員の皆様、ありがとうございました。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: ペットファミリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー