Blog

救えた命、救えなかった命3「急変する子猫の命」 ある朝、あけびちゃんは激しく嘔吐し、急激に衰弱しました。 その日、私は重篤な親類の所に行かなければならず 動物病院に事情を話してあけびちゃんを預かってもらいました。 34度の低体温意識不明、反応なし ブドウ糖溶液を与えても口の端からこぼれてしまいます。 できる限りのことはするけれど死亡する可能性が高いことを示唆され同意書にサインをしました。 捨てられて大声で泣いて生きたかったのでしょう。 優しいお兄さんに助けられ、かわいい

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: ペットファミリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー