Blog

タクシー会社が配車サービスのUBERへの危機感を強めているのに対して、自動車メーカーはUBERに期待をしている。 UBERに出資したトヨタのほか、GMとフォルクスワーゲンもそれぞれUBERのライバルの配車サービスに出資するなど、世界の自動車メーカーが配車サービスに可能性を感じている。 既存のタクシー会社がUBERに反発しているのに対し、自動車メーカーにとって配車サービスの利用で車を有効活用できるユーザーが増え、結果的に車の普及につながるなどのメリットもある。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: あ、いいな ドット混む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー